日本のホールデム・ポーカー

日本では、花札形式のカードを使ったトランプゲームを伝統的に遊んできました。私達の国には合法カジノがないという事実に相まって、これにより、No Limit(ノーリミット)ホールデム(NLHE)というゲームが流行したことが最近までなかったということを意味していました。現在、東京のクラブやアミューズメント・カジノでホールデムを遊べ、数名の日本人プレイヤーがハイステイクス(高い賭け金)の国際トーナメント選手権で成功しているのを見かけるようになりました

どのサイトが日本語に対応している?

当記事では、ホールデムに関して詳しく論じさせていただきます。初めに、オンラインでプレーしたいのであれば、日本では欧州や他のアジア地域からくるプレイヤーと同じポーカーサイトを利用することを理解してください。ホールデムは人気のある国際的なゲームであり、多くの国々には最大級のサービスサイトがあり、多国籍語に対応しています。下記のサイトでは日本語と英語が利用可能です。

上記の全4サイトはお好みであれば日本語版でダウンロードができます。しかしながら、1.と2.だけ、私達の言語で利用できるウェブサイト(ソフトウェアとは対照的に)があります。各サイトにはそれぞれ独自の利点があるので、少し時間を割いてこれらサイトのミニレビューを提供しようと思います。

最も好ましい日本語対応ポーカーサイト

日本で最高と言える2サイトは888とDafaです。 888は、日本人プレイヤーが使って直ぐ心地よく感じるウェブサイトです。888サービスの全般は、日本語を含む多くの言語に対応しています。ポーカーの他に、888では完全なカジノ・ゲームやオンラインパチンコもあります。昨年、およそ38.5億円の収益をあげてロンドン証券取引所に名を連ねたことで高評価を得た株式会社です。888のソフトウェアは、eCograによる基準に則っているので、検査され認証されていますし、イギリスの海外領土であるジブラルタルでライセンスが発行され規制されています。サイトを使用するにあたって安全で楽しめることを意味します。

Dafaは、最大のゲームネットワーク(iPoker)上で動作しています。Dafaはフィリピンの国中にある数え切れないほどのブックメーカーの店を所有する最も大きなスポーツ・ベッティング企業に所有されています。ここでは、ポーカー、カジノ、そしてスポーツ・ベッティングが利用可能です。後者に限って言えば、Dafaは日本国内のバスケットボール、サッカーや野球の試合を含む日本のスポーツに関するオッズを持っています。

Bodog88:匿名テーブル&日本式麻雀

最新情報:2013年9月:現在Bodog88は日本在住のプレイヤーからの入金を受け付けていません」

Bodog88はアジアに焦点を当てたオールインワンのギャンブルサイトです。Bodog88のウェブサイトがまだ日本語で利用できない一方、Bodog88のポーカーソフトウェアやオンライン麻雀は日本語で両方ともダウンロードできます。

ほとんどのオンラインポーカーサイトでは、ハンド履歴をデータ採掘する、または購入する経験豊富なプレイヤーがいます。彼らは、自身の対戦相手のゲームの流れを判断するのに役立つソフトウェア・プログラムを使用します。これの意味するところは、気軽に遊ぶプレイヤーは[1]枚目のカードが配られる前からですら既に不利な状況にあるということです。

Bodog88では、データ採掘、ハンド履歴、そして分析ソフトウェアは使い物になりません。Bodog88サイトでは、ユーザー名の代わりにプレイヤー1、プレイヤー2のように単純化してプレイヤーを識別する匿名テーブルを特徴としているかたです。結果として、ゲームはもっとより弱くなり、プロやもっと強いプレイヤーのように気軽に遊ぶプレイヤーは、ソフトウェアを使えるサイトよりも好んで利用します。

さらにBodog88では、日本語でダウンロードできて現金で遊べる麻雀サイトがあります。私たちが最もよく知っているゲーム形式を特徴としています。もちろん、これは日本式麻雀で、リーチ麻雀としても知られています。

トーナメントのトップを走るPokerStars

www.pokerstars.com は、グローバルなポーカーサイトです。PokerStarsサイトは日本語で利用できませんので、ソフトウェアをダウンロードする時オプションがあります。トーナメントプレイヤーであれば、プレーするサイトとしてはトップです。PokerStarsには最も大きなトーナメント場があり最大級の賞金総賭け金があります。さらに、オマハ、スタッド、Razz、バドージ、Triple Drawや2-7 lowballなどの他の変則ポーカーに興味があれば、利用するには最高のサイトです。もう一つの良い特徴は、マカオで開催される麻雀トーナメントに出場するためにオンラインで出場枠を獲得する能力があることです。

テキサス・ホールデムの歴史

あなたがNo-Limitホールデムの初級者で、そのゲームを学ぼうと考えているならば、その歴史を知るのにも興味を持つかもしれません。いつ、どこでホールデムが発明されたか誰も確実に言える人はいませんが、「Hold Me Darling」を含む諸説ある名前のもとで1950年代中にアメリカでプレーされました。

1960年代、テキサス出身(アメリカ)のギャンブラーグループは、このゲームを最高のゲームのうちの1つに仕立て上げました。学ぶのが簡単で、誰もが運を掴み勝利できるというのが本当の理由でしたが、長く続けていくうちに最高のプレイヤーがほとんどのお金を勝ち取ってしまいます。1967年、テキサス出身のプレイヤーのうち4人(Crandell Addington・Roscoe Weiser・Doyle Brunson・Amarillo Slim)は、ギャンブルやカジノのゲームが既に適法になっていたラスベガスへホールデムを持って行きました。

初めに、Golden Nuggetだけがこのゲームを提示し、Nugget(かたまり)ホールデムと呼びました。同じ4人のプレイヤーと他の者達が、何時間もNuggetホールデムをプレーするためにこのダウンタウンにあるカジノで毎日列席していたのだろうと思います。時として、彼らはこの新しいゲームを試す機会をラスベガス・ストリップから出てくるお金持ちのギャンブラーに与えるために募ろうとして順番に去って行ったのでしょう。

1969年、レノ(ネバダ州 / アメリカ)にあるHolidayホテルが史上初のNo Limitホールデム・トーナメントを呼び物としたギャンブル交友大会を催しました。30人のトップギャンブラーが週末行われるポーカーをプレーするために招待され、ホールデムはその多くのゲームのうちの1つでした。最終的に、Crandell Addingtonが勝者になり、史上初のチャンピオンになりました。

そのイベント後、Benny Binionがそのトーナメントの権利を買収しました。次の年、彼はWorld Series of Poker(WSOP)という名称のもと、ラスベガスのダウンタウンにある彼のHorseshoe Casinoで催しました。このイベントは、続いて年中行事になりました。Johnny Moss が彼の同僚の投票により1970年及び1971年のWSOPチャンピオンになりました。

1972年、WSOPは、複合フリーズアウト形式のトーナメントへ変更されました。- 同じく今日もプレーされています。今年から、メーンイベントにおいては、$10,000(≈1.02百万円)バイイン(参加費用)のNo-Limitホールデム(NLHE)・トーナメントになりました。Amarillo Slimがこの方式での初代チャンピオンになりました。優勝後、彼は、ゲームの宣伝をサポートした非常に人気のあるTonight Showなどの様々なトークショーへ出演しました。

その後、Doyle Brunsonが、1冊$100(≈10,319円)で販売した(1970年代当時では大金)Super Systemsというポーカー戦略に関する書籍を著作しました。それに続き、彼は1976年及び1977年のWSOPメーンイベントで優勝しました。

doyle brunson wsop 1976

「テキサスドリー」という愛称で呼ばれるDoyle Brunsonは、1976年開催のポーカー世界選手権で優勝する。

ところがこの全てにもかかわらず、ゲームはハイステイクス(高い掛け金)のギャンブラーにだけ本当に人気がありました。スポーツや名声のようなものでした。しかし、1980年代、アメリカ中のカジノやポーカールームへ広まり始めました。今日、テキサス・ホールデムが世界規模の流行へ伸び始めるようになるには、オンラインやテレビ形式のゲームが到来するまでありませんでした。

1988年、ラウンダーズと呼ばれる映画が公開されました。この映画はカルトの名作となり、ゲームの宣伝をたくさんしました。同年、初のインターネット・ポーカーサイトが登場しました。このサイトでは、WSOPメーンイベント参加者数が1988年350人から2002年631人まで増大していることがわかりました。

2002年のWSOPでは、初めてピンホールカメラを制限付の試用でテレビ中継されました。トーナメント中、ポーカーの名士と前回のWSOPチャンピオンであるPhil Hellmuthが、Hellmuthが敗戦した後、コメンテーター・ブースに加わりました。Hellmuthは、アマチュアプレイヤーであるRobert Varkonyiが優勝するはずがないとかなりの自信があったので、もしVarkonyiが優勝したら、自分の髪を剃り落すという賭けをしました。結局、Varkonyiが優勝し、テレビ取材は髪を失ったHellmuthで終了しました。

次の年、ポーカーのテレビ放送は大きな放送時間を取りました。これは、特にトラベルチャンネルのWorld Poker Tour (WPT)放送によるものでした。このチャンネルは全世界の多くの国々で放送されるため、テキサス・ホールデムを全く新しい視聴者へ紹介する手助けになりました。たったこれだけのことで、世間は誰もがプレーできる興奮させられる新しいトランプゲームを突然さらされました。

2003年のWSOPには、839人の参加者がいました。芝居風のファッションに身を包んだテネシー(アメリカ)出身で会計士のChris Moneymaker(本名)が優勝しました。彼のポーカー経験はわずかしかありませんでした。テレビ取材中、コメンテーターは、マネーメーカーが参加費用わずか$39 (≈310円)だったPokerStarsトーナメントのバイインシートに$10,000 (≈1.02百万円)で獲得した事実を何度も言っていました。その年、彼の優勝賞金は、2.5百万ドル (≈258百万円)支払われました。

マネーメーカーのシンデレラスタイルの勝利がゲームにもたらした映像は驚くばかりでした。それからというもの、WSOP参加者数は2003年839人から2004年2576人、2005年5619人、そして2006年には8773人まで増えていきました。このため、世界中で新しいメジャーなハイステイクス(高い賭け金)のトーナメントシリーズが急いで作っているのだと思いました。この新シリーズには、欧州ポーカーツアー(EPT)、Asian Pacific Poker Tour (APPT) 、そしてついに WSOP欧州やWSOPアジア・パシフィックまでもが含まれます。中国でさえも合法トーナメントを作り、WPTを自分の国へ歓迎しました。2008年からゲームはマカオにも広げられました。現在、何百何千というプレイヤーが24時間365日世界中からログインされているのでオンライン版には本当に驚きました。

テキサス・ホールデムを学ぶ理由

今日、No-Limitホールデムは本当に世界的なゲームです。あらゆる職業や地位の人々がプレーしています。冒頭で述べたように、多くのサイトが日本語にも対応しています。誰でもホールデムを学ぶことができます;プレーはとても簡単ですが、上達するにはたくさんの練習が必要です。友人とのプレー、またはギャンブルで自分の運を試してみたい人にとっては、素晴らしいゲームです。小さな運を途中で集めながら、あなたの目標が国際的なスーパースターになることでしたら、これにも可能性はあります。

これは、テキサス・ホールデムの美点です。極々少ない賭け金、低いリミット、あるいはインターネットでの高い賭け金ですら、プレーすることができます。一方、ハイステイクスのライブトーナメント版は、スポーツに似た大きなトーナメントがあります。最も大きなトーナメントはテレビで放送され、数名のプレイヤーは契約を交わし、スポンサーがポーカールームを用意します。しかし、ゴルフ、テニスや他のスポーツのメジャー・トーナメントは違い、バイインを買う余裕がある人物がチャンピオンシップでプレーできます。

ナンバーワンのポーカーギャンブルサイト
Dafabet

20ドルのウェルカムパッケージ

75% のユーザーがこのボーナスを請求しました

日本人ポーカープレイヤー

日本に「ギャンブルする」カジノがないという理由で、ここでゲームを理解するには少し遅かったとしても、多くの日本人プレイヤーが国際的な巡回トーナメントで成功を収めてきました。

2012年、木原直哉氏は、世界シリーズへ参戦するために東京にある自宅からラスベガスへ行きました。彼は、日本人初のWSOPチャンピオンになりながらも、賞金$512,029 (≈52,836,281円)を勝ち取るポットリミット・オマハラ(Pot Limit Omaha)イベントのバイインをなんとかして$5,000を勝ち取っていました。多くの日本の新聞や雑誌がインタビュー目的で彼に連絡し、何十冊もの印刷物が彼について書いていました。彼はPokerStarsと契約を交わして以降、PokerStarsのスポンサープロの一人になりました。

Masaaki Kagawa氏は、もう一人のとても成功した東京出身のプレイヤーです。彼はまだ茶bb*.ptcファイル音にはなっていないかもしれませんが、私達の国の誰よりもトーナメントで稼いできました。2007年、彼はAussie Millionsで$262,909 (≈¥27,129,584)、そして2008年にはEPTイベントで$170,737 (≈¥17,618,354)獲得しました。さらに最近では、2012年4月に行われたEPTで5位の座につき$508,535 (≈52,475,735円)、そして2013年のAussie Millionsでは$336,523 (≈34,725,814円)獲得しました。彼は約何十ドルという少ない現金で彼の生涯獲得賞金で$1,621,971 (≈167,371,214円)という大金を集めました。

これらは、最も人気がある二人のちょっとした例です。他の日本人プレイヤーについて述べれば、Takashi Ogura氏の生涯獲得賞金$381,698 (≈39,387,423円)、Kunimaro Kojo氏の生涯獲得賞金$375,538 (≈38,751,772円)、そしてKenichi Takarabe氏の生涯獲得賞金$352,643 (≈36,389,237円)です。

japanese poker stars

一流の日本人ポーカー・プレイヤー四天王(左から):Naoya Kihara, Takashi Ogura, Masaki Kagawa, Kunimaro Kojo

日本のポーカールーム

日本には従来のカジノまたはポーカールームがありません。約10年前、ホールデム・トーナメントが突如として現れ始めました。さらにいくつかのトーナメントは任天堂がスポンサーとなりました。あなたが気づかない場合に備えて…ビデオゲームが登場するかなりずっと前、任天堂は花札風トランプメーカーとして創業しました。彼らは私達の国でホールデムを宣伝するのに役立ってくれました。今日、娯楽用ポーカーとして知られているものに発展したこのホールデムは、大概一般的にアミューズメント・カジノでプレーされてきました。

東京の秋葉原には、アミューズメント・カジノの1例でAkiba Guildというところがあります。兎神社と道を隔てた反対側の中央通りにあるビルの2階にあります。入場料は、フリードリンクとチップ300円込みで2,000円です。このチップは、フードやドリンクを購入するのに使用できますし、あるいはカジノ・ゲームやテキサス・ホールデムでギャンブルができます。ほとんどの場合、このチップは食事やドリンクをただ勝ち取ろうとするのに使われますが、さらにチップを小さな賞品と換金できます。素敵なことがあって、彼らが海外主催の大きなバイイン・トーナメントに参加するチケットを勝ち取ることができる定期試合を催していることです。これが意味するところは、Akiba Guildで行われるAsian Pacific Poker Tour(APPT)のようなマカオのトーナメントでプレーするシートを勝ち取ることができることです。

自宅または地下の賭博場で行われる違法なギャンブルを除き、娯楽用ポーカーは日本で利用できる最高のゲームです。トーナメント形式で行われ、賞品はフード、ドリンク、あるいは他の賞品、時にはハイステイクスなメジャー・トーナメントに参加するのと同じくらい高価な賞品でさえ購入するために使用できます。主として、オンラインでプレーするのが最適です。実際のメジャー・トーナメントでプレーする抱負があるならば、ソウルかマカオへ飛ぶのが実際のプレー経験を積むのに最適です。

[1] データ採掘は、誰もプレーしていない時でさえ、オンラインで行われる手札を記録するためにソフトウェアの使用を伴います。これをすることで、プレイヤーは、何百万通りの手札がなくても、何百通り、何千通りのデータベースを構築することができます。これはプレイヤーが席に着いた途端、大きなメリットをもたらし、対戦相手のプレーの仕方に関する重要な情報をプレイヤーに提供するために大半の対戦相手に関する情報をデータ採掘することになるでしょう。

Related Articles