テキサスホールデムポーカーガイド 2020年版: テキサスホールデムのプレイ方法を解説

日本でも爆発的に人気が急上昇しているポーカーゲーム、テキサス・ホールデム。このガイドでは、テキサス・ホールデムをプレイするのに必要な情報を全てカバーしています。

この記事では以下について解説しています。

日本で最高のオンラインカジノ 2020
更に表示

テキサスホールデムポーカーについて

カジノのテーブルゲーム、その中でもカードを使うゲームの2大トップはポーカーとブラックジャックです。

ポーカーにはカリビアンスタッドポーカー、パイゴーポーカー、スリーカードポーカーなどの、多くの種類やアレンジポーカーゲームがあります。

テキサス・ホールデムの人気の理由には、大人数でプレイでき、対ディーラーではなくプレイヤー同士の戦いになるため、スキルや戦略で勝つ可能性が高いことがあげられます。また、他のポーカーよりも心理的駆け引きが重要で、ゲーム性が高いこともダントツ人気の理由です。

ぜひこの記事でテキサスホールデムのプレイ方法を無料で覚えて、さっそくプレイしてみましょう!

テキサスホールデムポーカーの種類

テキサス・ホールデムにはいくつかの賭け方のルールがあり、以下の4つが一般的なものです。

以下に各ルールについて解説します。

リミット テキサスホールデム

ベッティング ラウンドごとに、あらかじめ賭け金の上限が決められているポーカーゲームです。

ノーリミット テキサスホールデム

ノーリミットゲームは、ブラインド関連のリミットだけが決まっていて、マックスベットの上限がないので、プレイヤー自身が持っているチップをすべてオールインベッティングすることができるゲームです。かなりスリルのあるゲーム進行になることが多く、ほとんどのポーカートーナメントで採用されています。オンラインカジノでも90%のゲームがノーリミットゲームです。

ポットリミット テキサスホールデム

ポーカーではその時点で賭けられているチップ総額のことをポットといいます。ポットリミットゲームは、ベットできる上限がポットの金額になるゲームです。

実際のゲームでは、そのラウンドで他に誰もベットしていなければ、ベット上限=テーブル中央に集められているチップ総額で、すでにベットがある場合(とブラインドが置かれている場合)はベット上限=ベットされているチップの総額+自分のコールに必要な額×2がポットリミットのベットの上限額です。

オンラインカジノではこの計算は自動でされているので、自分で計算する必要はありません。

ミックス テキサスホールデム

リミット テキサスホールデムとノーリミット テキサスホールデムを交互に繰り返すタイプのゲームのことです。

テキサスホールデムの用語

テキサス・ホールデムでは独特の用語が出てくることがあり、これが初心者のプレイヤーにわかりづらい、複雑で難しいと思わせてしまうことがあるかもしれません。

せっかくのスリリングで面白いゲームが、この特殊な用語で敬遠しているとしたら、かなりもったいないことです。

今回はテキサス・ホールデムでよく使われる、これさえ覚えておけばプレイできる重要かつ基本の用語集をご紹介します。

覚えておきたいテキサスホールデムの基本用語

テキサスホールデムポーカーのルールと賭け方

テキサスホールデムポーカーは普通のポーカーと少しルールが違うので、ここで簡単に基本ルール、賭け条件などを解説します。ポーカーの役(ハンド)は他のポーカーと同じです。

テキサスホールデムポーカーのルール

第一ラウンドでは各プレイヤーは2枚の手札(ハンド)を持ちます。この手札は各プレーヤー固有のものです。さらにコミュニティ・カードと呼ばれるプレイヤー全員が使える共通のカード(最大5枚)が各ラウンドごとに枚数を増やしてテーブルに置かれ、プレーヤーは自分のハンドとコミュニティカードを組み合わせて役を作ります。テーブルで一番強い役を作ったプレーヤーが勝利するゲームです。ゲームに使用するカードは1組52枚で、1テーブルでプレー可能な人数は2人から10人までです。

賭けの条件

1回のゲームで最大4回の賭け(四ラウンド)ができます。4回中どのタイミングでもプレーヤーはゲームをフォールド(途中でやめること)できます。第四ラウンドの残ったプレイヤーはハンドを公開し勝敗を決めます。最終的な勝者が、賭けの合計4回中に全プレイヤーが賭けていたチップを全て獲得します。

ポーカーの役

ポーカーの代表的な役を強いもの順に以下に示しています。ロイヤルストレートフラッシュ以外では、同じ役ではA、K、Q、Jの順で絵札が強く、数字では数字が大きいものが小さいものよりも強い役となります。これらの役はカリビアンスタッドポーカーと同じです。

ロイヤル・ストレート・フラッシュ

ハンドとテーブルの計7枚のカード中で、同じマークのカードの「A-10-Jack-Qeen-King」の5枚が揃う役で、出現の確率は約1/649,740です。

ストレートフラッシュ

ハンドとテーブルの計7枚のカード中で、同じマーク5枚のカードが、数字順に並んでいるカードのことです(例:ハートの2-3-4-5-6カード )。

フォーカード(フォー オブ ア カインド)

ハンドとテーブルのカード中で、同じ数字が4枚ある役です。

フルハウス

ハンドとテーブルのカード中に、スリーカード(スリー オブ ア カインド)と、ワンペアが同時に成立した役です。

フラッシュ

ハンドとテーブルのカード中に、同じマークのカードが5枚ある役です。

スリーカード(スリー オブ ア カインド)

ハンドとテーブルのカード中に、同じ数字が3枚あればスリーカードです。

ワンペア

ハンドとテーブルのカード中に、同じ数字のカード2枚があればワンペアです。

ゲームの流れ

ゲームの流れを簡単に解説します。

このゲームは1つのテーブルに最大10人まで、多人数でプレイでき、プレイヤー同士が互いに勝負を行うゲームです。(オンラインカジノではディーラーと二人で勝負するタイプもあります)

通常のポーカーよりも多い人数でプレイが可能で、駆け引きや頭脳戦で勝利を掴む、心理的要素が強く、戦略次第では大きく儲ける可能性があることが人気の理由の一つです。

ゲームの流れは大きく8つです。パイゴーポーカーなど他のゲームとは若干異なるので、しっかりと流れを確認しておきましょう。

以下にゲームの一巡をステップごとに解説します。

1. 席に着く

プレイヤーはプレイするテーブルを決め席に着きます。

ホールデムポーカーでは、この席順が勝負にかなり影響するため非常に大事です。

ランドカジノでは空いている席に自由に座れます。

ただし、トーナメントや、知り合い同士でゲームを行う際には、席順をくじ引き形式などで公平に決められます。

2. ポジションを決定

次にディーラーボタンというポジションのプレイヤーを決めます。ポジションとは各ラウンドのアクションや選択をする順番のことです。

ディーラーボタンとはテキサス・ホールデム固有のもので、非常に有利なポジションです。

最初に第一ゲームでディーラーボタンとなるプレイヤーを決めます。

ディーラーがプレイヤーの前にカードを1枚ずつ表向きに置き、最も強いカードを持つプレイヤーがディーラーボタンとなります。その回のゲームが終われば、ディーラーボタンの場所は時計回りに次のプレイヤーに移ります。

ディーラポジションの席には「BTN(ボタン)」という円盤状のチップがプレイヤーの前に置かれます。

3. カードを配る

テキサスホールデムのルールで、ブラインドという強制ベットを1ゲームのラウンド開始前にしなければならないポジションがあります。

ブラインドポジションは、ボタンの左隣の「SB(スモールブラインド)」とSBの左隣の「BB(ビッグブラインド)」です。通常ブラインドのベット額は、SBよりもBBの方が2倍ほど多くします。

次に、ディーラーが各プレイヤーに2枚の手札(「ホールカード」)を配ります。ホールドカードは各プレイヤーだけが使用できるカードです。

カードの配り方は、ボタンの左隣のBBから時計回りに1枚ずつ、これを2周くり返して配ります。

4. 第一ラウンド(プリフロップ)

全てのプレイヤーに2枚のホールカードがある状態を、「プリフロップ」と言います。

手札2枚だけの状態で1回目のベットをします。

各プレイヤーは、自分の2枚の手札(ホールカード)から勝負を続けるかゲームを降りるかを決めます。

最初のベットはBBの左隣の「UTG(アンダーザ・ガン)がします。UTGは、どのラウンドでも1番最初にベットアクションを起こすポジションで、非常に条件の悪いポジションです。
プリフロップ で各プレイヤーが選択できる賭け方(ベットアクション)は以下の7通りです。

 フォールド(ダウン)  ゲームを降りること。それまで賭けていた金額はすべて没収
 チェック 賭けずに次のプレイヤーに順番を渡すこと。
 コール テーブル上の賭け金と同額をベットすること。
 ベット 賭けをすること。
レイズ 他のプレイヤーのベット額以上の金額を上乗せで賭けること。
リレイズ レイズ額以上の金額を上乗せで賭けること。
リリレイズ リレイズ額に対してさらに上乗せで賭けること。

UTGはチェックできません。

この場合UTGは

の3パターンからベットアクションを選びます。

BB以外の全プレイヤーは、ブラインド金額に

のいずれかのアクションを選びます。

ディーラーは、プリフロップでテーブルの全チップを集めます。これをPOT(ポット)といいます。ポットのチップはゲームの勝利者が最後に獲得します。フォールドでゲームを降りたプレイヤーは、その時点の賭けた金額全額没収となります。

※SBとBBは強制ブラインドしたので、フォールドやレイズができません。ただし、SBとBBにはボタンのプレイヤーのアクションが終了後、「オプション」と呼ばれる再度アクションが行えるチャンスがもらえます。

5. 第二ラウンド(フロップ)

まずは、ディーラーがバーンカードをします。バーンカードとはこれから配るカードの一番上のカードを配るカードから除くことで、プレイヤーが不正する可能性を避けるために行います。

ディーラーはバーンカードのあと、3枚のカードをテーブル(ボード)にオープンします。3枚のカードがボードにオープンされた状態を「フロップ」と言います。オープンカードはコミュニティカードといい全プレイヤーが共通で使用できます。

全プレイヤーは、ホールカード2枚とコミュニティカード3枚の計5枚のカードで強いポーカーハンド(役)を作ります。

最終ラウンドではプレイヤーは合計7枚のカードで勝負しますが、フロップでもプレイヤーは7枚中5枚のカードを持っているので、相手プレイヤーのハンドの強さをある程度把握(テキサスホールデムの ハンドレンジ)が可能です。またこのハンドレンジの予想から勝率の確率も計算できます。勝率計算は自分ででもできますが、スマホのアプリも多く出回っているので利用するのも楽です。

第2ラウンドのフロップから第4ラウンドのリバーまで、基本的に賭け方(ベットアクション)は以下の通りです。

チェックアラウンド 全プレイヤーがチェックし、次のラウンドへ進む
 コール 他のプレイヤーがベットかレイズし、それ対して全プレイヤーがコール。

または同額の金額を賭け、コールしたプレイヤーだけが次のラウンドへ進む

 フォールド  他のプレイヤーがベットまたはレイズし、それ対して全員がフォールド。

またはベットもしくはレイズしたプレイヤーの勝利でゲーム終了

6. 第三ラウンド(ターン)

第三ラウンドのターンでは、4枚目のカードがオープンされます。この状態を「ターン」と呼びます。この時点でプレイヤーのカードは、ホールカード2枚とコミュニティカード4枚の計6枚です。ターンでもこれまでと同様に、全プレイヤーがチェックもしくはベット額が同額になった時で終了となり、ディーラーは、第三ラウンドで賭けられた全チップをポットに集めます。ベットアクションは第二ラウンドと同様です。

7. 第四ラウンド(リバー)

第四ラウンドは、テーブル(ボード)に最後の5枚目のコミュニティカードが1枚オープンされます。このように5枚目のカードオープンした状態を「リバー」と呼びます。

リバーでは、ホールカード2枚とコミュニティカード5枚の最大7枚のカードからハンドを作り上げます。

ベットアクションはこれまでと同じように

の3つです。

ショーダウンとは、フォールドせずにゲームに残った全プレイヤーが、手持ちのホールカード2枚を他のプレイヤーに公開し、互いのハンドの強さを比較することです。

ショーダウンすると、最も強いポーカーハンドを作り上げたプレイヤーがゲームの勝者となり、ポットに集められた全ラウンドで賭けられた全額を獲得します。

8. ゲーム終了

ショーダウンで勝者が決まれば一連の全ラウンドが終了し、新しいゲームが始まります。次のゲームではディーラーボタンの位置は時計回りに1つ移動し、前回SBがボタンのポジションとなります。ボタンのポジションは1ゲーム終了ごとに時計回りに動き、プレイヤーがゲームから去るまで参加しているプレイヤーの全員が全てのポジションを担当できるようなっています。

私たちのおすすめカジノ
169 評価

最大$777 + フリースピン333回

テキサスホールデムに勝つための戦略

テキサスホールデムポーカーには、多種多様な戦略方法が存在します。また、テキサスホールデムの確率を考慮することも欠かせません。以下は初心者でも使える、基本的な戦略法を3つ挙げてみました。

戦略1:各ポジションの特徴を認識し、個別にプレイ法を検討する

ポジションは勝利に最も重要な要素となります。一番良いポジションは「ボタン」と呼ばれるポジションです。

逆に、一番悪いポジションは、BBの左隣の「UTG(アンダーザガン)」と呼ばれるポジションです。アンダーザガンは他のプレーヤーを観察するチャンスがなく、何の情報もなしに一番目にアクションを起こさなければならないため、非常に不利なポジションです。

ポジションは1ゲームごとに変わっていくので、毎回のポジションに合わせての勝負戦略が必要です。

また相手のアクションを分析し、自分のアクションを決めることが勝利に影響するので、相手のアクションをより多く観察できるポジションが有利だと言われます。

テキサス・ホールデムでは、ポジションによってプレイに適したハンド(役)が変わります。ですのでポジションごとに「どのハンドでどのようにプレイするか?」を検討するべきです。基本的にはポジションが後の方が、プレイヤーの情報やハンドの選択肢が増え、有利になります。

以下に各ポジションの戦略例をあげてみました。

アーリーポジション(SB、BB、UTG)の戦略

アーリポジションにいる場合、強いハンドでプレイすることが重要です。特に初心者の場合、トップ10%の強いハンドでプレイすることをおすすめします。弱いカードのプレイは避けましょう。

ミッドポジション(アーリーポジションの左隣)の戦略

ミッドポジションは状況によって左右されるポジションなので、ルースなプレイや冒険は避け、手堅い選択肢を見つける方がおすすめ。

レイトポジション(ボタンやボタンの右隣)の戦略

手元のカードが強くなくても、相手のアクションとテーブルのコミュニティカードを観察して相手のカードを予想すること。場合によってはブラフ(ハッタリ)で勝つことも可能。

戦略2:弱い手札でもハッタリ(ブラフ)で勝負に出る

初心者はブラフ(ハッタリ)をかまし過ぎないことが大切だと言われています。しかし、全くブラフを取り入れないと、相手に読まれやすくなり、自分自身を不利な状況に追い込み、ポイントを絞って攻撃的に攻めてくるプレイスタイルのシャークプレーヤーに攻撃されることとなります。

他のプレーヤーにどんなカードを持っているのかを常に意識させ、プレッシャーをかけて、最終的に他のプレーヤーをフォールドさせるのがブラフの目的です。ピュアブラフを行う場合、相手のブレーヤーを読み取る能力と、ブラフを見破られないスキルが必須です。

戦略3:スターティングハンドに応じ適切なアクションを選択する

第一ゲームのプリフロップでは、テーブルのコミュニティカードを使わず、手元の2枚のカードだけでアクションする必要があるのでスターティングハンドは重要です。

大きく分けてスターティングハンドは2種類に分類されます。同一ランク(同じ数字=強さ)のカードが2枚くるポケットペアとそれ以外の組み合わせです。ポケットペアは22~AAまで13種類あり、ポケットペアになる確率は6%あります。

ポケットペアは、プリフロップの時点でワンペア以上が確定していることになり、非常によいスターティングハンドです。もちろん22の最弱ペアとAAの最強のペアとでは大きな差があります。

スターティングハンドはポケットペアのように、それだけで強いものもあれば、フロップ以降に強くなる可能性を秘めたもの、また、少人数では強いが、大人数では弱いもの、逆に少人数では弱いが大人数で威力を発揮するものなど、シチュエーションによって様々な評価が存在します。

以下は代表的なスターティングハンドです

ポケットペア

2枚の同じ強さのカードの組み合わせです。

2と2が最も弱くAとAが最も強い組み合わせです。AとAは全スターティングハンドの中で最強の組み合わせです。しかしポケットペアが強いのは「相手がポケットペアでない場合」だけです。

AとAのポケットペアの勝率は、相手がランダムハンドだと85%の勝率がとなります。最弱の2と2のポケットペアでも勝率は50%です。

相手もポケットペアのハンドの場合では、相手のハンドが高い場合勝率は著しく下がります。

コネクター 

5と6やJとTなどランクが連続になっている組み合わせで、ストレートを作りやすいハンドです。

特にストレートになりやすい組み合わせが強いです。例えば32もコネクターですがストレートを作るのに必要なカードが少ないため、コネクターでも弱い組み合わせとなります。

スーテッド

ハート2枚やクラブ2枚など、同じスーツ(絵柄)の2枚の組み合わせで、フラッシュになりやすい組み合わせです。

スーテッドコネクター

7と8やJとQなどランクが連続し、スーツも合致する組み合わせです。

この組み合わせは、ストレートとフラッシュのどちらにもなりやすいハンドです。頻繁にフラッシュやストレートが出ることはありませんが、成立すれば大きなポットを獲得しやすいため、投機的なハンドです。

(スーテッド)ギャッパー

3と5や9とJのように、数字が間の空いている組み合わせです。

1つ空いている場合をワンギャッパー、2つ空いている場合をツーギャッパーといいます。3つ空いている場合、スリーギャッパーとは言わないようです。ギャッパーの良い所は、ストレートを完成させた時に、相手に悟られにくいところです。

プレミアハンド 

AA、KK、QQ、JJ、TT、AKs、AKo、AQs、AQの上位ハンドをプレミアハンドと言います。

中でもAA、KKのスターティングハンドがプリフロップで出ると、最強の可能性が非常に高いため、レイズから入るのが一般的です。

テキサスホールデムの無料ゲーム

オンラインカジノでは、登録するだけでプレイを試すことができるフリープレイゲームがあり、テキサスホールデムももちろんプレイを試すことができます。無料で試せるゲームは、オンラインビデオゲーム形式のもので、ビギナーが慣れるためにはぴったりです。ぜひ、まずはテキサスホールデムのプレイ方法を無料で覚えましょう。

しかし、テキサスホールデム本来のゲームを楽しむにはライブディーラゲームが一番です。ライブディーラゲームはリアルマネーでのプレイだけですので、ぜひ無料ゲームになれたら参加することをおすすめします。ベットレンジはゲームにより異なり、少額から始められるゲームもあります。また、カジノによってはポーカープレイヤーだけの特別ボーナスやオファーもあります。ぜひテキサスホールデムポーカーをプレイできるカジノをお試しください。

テキサスホールデムをリアルマネーでプレイ

テキサスホールデムを楽しむための第一歩はまずプレイしてみることでしょう。初心者には敷居が高そうに見えますが、プレイすればすぐに慣れて魅力に惹かれることは間違いなしです。

このテキサスホールデムポーカーガイド にある基本さえわかっていれば、ゲームをすぐにプレイできます。またはじめのうちは、プレイの途中でもすぐガイドを参照しながらプレイしてみても良いでしょう。

テキサス・ホールデムの醍醐味は、何と言ってもライブディーラゲームで他のプレイヤーと同じテーブルでプレイすることでしょう。また、ライブディーラーゲームでは、ブラックジャックやバカラなどのゲームもプレイできます。

AsiaBetでは厳選したベストオンラインカジノのリストから、テキサスホールデムポーカーをプレイできるカジノやテキサスホールデムで勝てるオンラインカジノ など、お好みのオンラインカジノを選ぶお手伝いをしています。

テキサスホールデムで勝てるオンラインカジノでは、最適なオファーや特別ボーナスも用意しているので、ぜひ活用してみましょう。

よくある質問

まずはビギナーのためのテキサスホールデムガイドを読んで、無料ゲームで練習してみましょう。知識をつけてから実践のプレイで楽しんだ方が理解が早く、ゲームにも早く慣れます。

テキサスホールデムはポーカーの一種ですが、ルールやプレイ方法が違います。どちらも役や役の強さなどは変わりませんが、大きな違いはテキサスホールデムポーカーは、最初のラウンドでは手札2枚で、交換はできません。 場のカードも山札から順番に配られるため、勝負に大切なのはベットによる駆け引きや心理戦がメインになります。

テキサスホールデムはカジノのゲームの中でも、プレイヤーのベッドの駆け引きや心理戦、プレイヤー同士の手札の推測など、複雑な要素が絡み合い、ただの乱数での確率で勝負が決まるものではないところに面白みがあります。このゲームには無数の必勝法がありますが、初心者の方はまずはテキサスホールデムガイドの基本の必勝法を参考にしてみてください。

ホールデムポーカーの第二ラウンドのこと、または3枚のカードがテーブルにオープンされた状態を「フロップ」と呼びます。ホールデムポーカーでは各ラウンドごとに名前がついています。初心者には慣れない用語がよく出てくるので、まずはガイドを一読することをおすすめします。

テキサスホールデムでは各ラウンドごとに勝負に使える札の枚数が増えていきます。一番初めのラウンド・フリップフロップでは手札が2枚でそれのみで勝負するため、スターティングハンドの強さが必要です。この強さは他のゲーム、例えばスリーカードポーカーでも同じです。手の強さはガイドの役の部分が詳しいので、ぜひ一読ください。

ホールデムのゲームの種類の一つで、マックスベットの上限がないゲームのことを言います。ライブディールのテキサスホールデムポーカーゲームのほぼ90%以上がノーリミットゲームです。

自分が無理なく使える金額でプレイしましょう。ハイローラープレイヤーは別として、大金は必要ありません。オンラインポーカープレイヤーのほとんどが、$ 50〜$ 200の範囲でポーカーを楽しんでいます。もちろん、$ 0.1/$ 0.2という低いベットでプレイすることも可能です。まずは小さく始め、自信がついたら大きなベットのゲームやトーナメントに参加するのがおすすめです。オンラインポーカープレイヤーたちの傾向としては、例えば残高に $ 50持っているなら、$ 1〜$5くらいのトーナメントに参加しています。

Return to top