アジア最大手のギャンブル・ウェブサイトへようこそ

アジアは、世界最大のギャンブル市場です。42億人もの居住者が世界人口の60%を占めていても不思議ではありません。驚くべきことは、どうして大きな国家間格差があるのでしょう。私達は皆、異なるスポーツやリーグを対象に賭けていますし、色々なカジノ・ゲームを好んでいますし、異なる言語を話し、独自の通貨を使用します。

私達のウェブサイト(Asiabet.org)は、関連した項目をあちこち検索できる多くのコンテンツページを用いて上記全てを分類するわかりやすいガイドです。
ここホームページでは、アジアのギャンブル市場及び日本を含むアジア諸国の推奨ギャンブルサイトを論じたいと思います。

アジアのギャンブル市場

アジアは、その膨大な人口のため、世界最大のギャンブル市場であることは疑う余地がありません。しかし、合法ギャンブルの収益について議論する際、つい最近その話題に気づいて議論を持ち始めるようになりました。なぜなら、違法なブックメーカーが賭けた全額が、計算に入っていないからです。尚且つ、日本国内のパチンコ店や麻雀荘、秘密部屋で行われる「フラッシュ」ゲーム、Andar Bahar(インド)、Bpauk Daeng及び他のトランプゲーム(タイ)、そして他の全てのトランプゲームも計算に入っていません。

project asian gambling revenues

Analysts predict that gambling income from Asia will continue to increase over the coming years

何年もの間、カジノの店舗数はかなり少なかったので、合法ギャンブルは多くのアジア諸国で宝くじと競馬のみでした。宝くじは合法であり、公平にくじが引かれることは、皆わかっているのでとても人気があります。例えば、オーストラリア、中国、香港、インド、日本、韓国、マレーシア、ニュージーランド、フィリピン、シンガポールやタイ、これら全ての国はAsia Pacific Lottery Association (APLA)の加盟会員です。APLAは、厳格な一貫性と公明正大なくじ引きを必要とするWorld Lottery Association (WLA)の地域に根差した協会の1つです。必要とあれば、当社のウェブサイトでは、合法的なアジアの宝くじについて詳しく説明しています。

競馬は、世界中で合法とされているギャンブルの一つの形態です。断固としてギャンブルに反対している厳しいイスラム国家でさえ、競馬を許可しています。例えばイランでは、ギャンブルまたは賭けではなく「予言」と呼び、認可されているテレビを通じて予言する限り、それは合法です。タイはギャンブル人気が高い仏教国家ですが、宗教的な理由があるため未だにカジノがありません。しかし競馬はあります。もちろん、誰もが香港競馬は多くの素晴らしい種馬が飼育されいくつかのベストレースを特集しているのは知っています。つまり、競馬というギャンブルは上記ほぼ全ての国々で合法的に存在しています。

ここ十年間、合法カジノはアジアで首位に立つ合法ギャンブルの収益源へ成長してきました。目立ったブームはマカオで起きました。この国家は、ポルトガル統治から400年後、中国のマカオ特別行政区政府(SAR)になった1999年12月20日に独立しました。カジノはポルトガル統治だった頃からマカオにありましたので、世界最大のギャンブル渡航先になるため市場開放を決断したのが2002年でした。

この法律関係の改正は、Galaxy Entertainment Groupにグランド・ワルド・ホテル、ホテル・プレジデント・マカオ、リオ ホテル & カジノ、スターワールド マカオとワルド ホテル マカオを発展させる機会をもたらしました。オーストラリア企業のCrown Limitedも、シティー・オブ・ドリームスを建てるためにマカオへ進出しました。それからというもの、ラスベガスからいくつかの大手企業もアジア市場で大成功しました。Las Vegas Sands Corporationはザ・ベネチアン・マカオ、ホテル・ビバリープラザ・マカオ、サンズ・マカオ・ホテルを建てました。MGMはMGM グランド・マカオを建て、Wynnはウィン・マカオ・ホテルとEncoreカジノの複合施設を建てました。

マカオはアジア最大のギャンブル渡航先へ急成長しました。パッケージツアーだけで月当たり800,000人以上のビジターを連れてきます。この数字には、フェリーを使って香港から訪れる多くの人々や商用目的で滞在する人々は計算に入れられていません。たった550,000人の人口しかいない小国が、ギャンブル収益(単月)で270.7億パタカ(US30.5億ドル)あったことがありました(2012年10月)。

シンガポールは、マカオの成功を認めた最初の国の1つでした。長い討論の末、ついに2010年、2つのカジノをオープンさせました。初年度、この2つのカジノは、SG$70.3億ドル(US60億ドル)稼ぎました。ゴア(インド)ではカジノに人気があり、ラオスやカンボジアも合法ギャンブルを求めて国境を渡るタイ人にとって長い間人気のある渡航先でした。これらの成功がギャンブル計画の発展に大きく寄与したと思われます。

例えば、US40億ドルのカジノが、マニラ湾(フィリピン)上の開拓地に開発計画があります。アメリカから来たユニバーサルとシーザーズ・エンターテインメント、それと韓国のパラダイス・グループが永宗島にリゾートを建設する計画をしています。仁川国際空港(ICN)近郊は経済特別特区で、これらのカジノは合法的に韓国の来訪者に焦点を当てています。似たような事例で、中国人のギャンブラーを引きつけることを期待しているプロジェクトが極東ロシアで進んでいます。さらにベトナムでもカジノリゾート前のビーチを五つ星格付のMGMにする計画を立てているカナダのアジア湾岸開発でベトナム初の大手リゾートカジノにしようとスケジュールが立てられています。

わかっての通り、カジノ市場は、アジアで急速に成長しています。多くのアジア諸国での合法スポーツギャンブルのために門戸を開いてきました。クリケットのトトカルチョで違法に巨額な金額を賭けるインド人は、シッキム州(インド)で認可されたオンラインの合法的なスポーツ・ベッティングをすぐに始めるはずです。シンガポール、中国や日本は、公営オンライン・ベッティングが既にあります。これは、年月が経つにつれ、何が合法だったのかという根底からくる変化です。ある国では諸外国よりもさらに早く起きていますが、規制されるオンライン・ギャンブルは、アジアの市場の将来です。

Asia Betはどのように一役を担っているか

オンライン・ベッティングに法規制されるオプションが利用できる場合、当社サイトページのあちこちでそれに関して述べています。話を変えて、ほとんど強制されない極めて厳しい法律を適用するたくさんの国、そしてオンライン・ギャンブルに関してわかりづらい方針を持つ他の国々は未だに存在します。当社の役割は、アジア各国の法律改正を絶えず翻訳することではなく、むしろ42億人の居住者の選択に応じて、どのように彼らがギャンブルできるかという情報を与えることです。当社のウェブサイトは、入金方法や通貨、オンライン・ベッティングサイトの対応などを網羅しています。さらに、色々なISPブロックからの迂回方法、あらゆる種類のベッティング戦略やヒントもカバーしています。この網羅範囲は、全てのギャンブルに関する隙間及びアジア全ての諸外国まで及びます。当社の業務内容は、単にアジアからオンラインでギャンブルしていただくためにわかりやすいトピックを用いてサポートをすることです。