シックボーのルールと攻略法 2020

シックボーは3つのサイコロの出目を予測して賭けるシンプルなテーブルゲームです。日本の賭博「丁半」に似ており、オンラインカジノで人気があります。以下の3つの要点をおさえてプレイしてみましょう。

日本で最高のオンラインカジノ 2020
更に表示

シックボー(大小)とは?

シックボー(大小)はサイコロゲームの一種で、古代中国から始まり、その後、東南アジア全体に庶民の娯楽として広まりました。

日本の賭博の丁半に似ており、オンランカジノで人気があるテーブルゲームのひとつです。

3つのサイコロの出目の合計数や組み合わせを予想し、最大で150倍、カジノによっては 180倍の高配当を狙えます。サイコロゲームの魚蝦蟹(Hoo Hey How)とマカオダイスにも似ています。

シックボーはシンプルなルールでがわかりやすいですが、賭け方によって配当も異なるため、初心者から上級者まで幅広いプレイヤーに親しまれています。

シックボーを始める前に知っておきたいこと

3つのサイコロの出目の合計値を予想する賭け方が一般的ですが、3つのダイスが同じ数字を示すことに賭ける「トリプル」や、合計値が10以下か11以上を予想する「大・小」など、様々な賭け方があります。ここで基本ルールから攻略までおさえれば、シックボーをより楽しくプレイすることが出来ます。

シックボー(大小)の基本的なルール

シックボー(大小)の基本的なルールは、1~6の数字が書かれている3つのサイコロの合計数を予想して賭けます。

シックボーのルール

3つのサイコロの出目を予想するだけのシンプルなゲームですが、出目の組み合わせは216通りあり、賭け方のバリエーションも様々です。

配当はゲームによって多少異なる場合があるので、プレイする前に必ず確認するようにしてください。

大きく分けて下記のベット方法があります。

シックボーのゲームの流れ

1.出目を予測する

最初に自分が賭けることから始めます。

そのためディーラーが振る3つのサイコロは何の出目がでるかを予測しなくてはいけません。まずは「賭け方の種類と配当」を覚えましょう。

2.ベットする

出目の予測が完了し、賭けたい数字や組み合わせが決まったら、テーブルへ賭けたい額のチップを置きます。

「No more Bet(ベット終了)」というディーラーの掛け声まで、考えてチップを賭ける時間があります。

3.ディーラーがサイコロを振って勝敗確定

ディーラーがもつ容器内の3つのサイコロが振られ、容器がオープンします。

その出目と賭けたパターンの勝敗により、配当が配られます。

ベットの種類

シックボーの配当は賭け方によって変わり、2倍~180倍まであります。

ベットの種類によって配当も変わって来るので、どんな賭け方があるのか覚えましょう。

小大ベット

3つのサイコロの合計値の小か大に賭ける基本的なベット方法です。配当は2倍です。

3つのサイコロの数字の合計   4~10:小

3つのサイコロの数字の合計 11~17:大

ナンバーベット

3つのサイコロの出目のうち、1つの出目を当てるベット方法です。さらに複数当たれば、配当が増えます。

1つ当たれば2倍、2つの出目が当たれば3倍、3つの出目が当たれば4倍の配当です。

例)

「2」にベット 結果「2」「1」「3」:配当2倍

「2」にベット 結果「2」「2」「3」:配当3倍

「2」にベット 結果「2」「2」「2」:配当4倍

ペアベット

3つのサイコロのうち、2つの出目の組み合わせを当てるベット方法です。配当は6倍です。

全15通りあります。

例)

「1と3」にベット 結果「1」「3」「6」:配当6倍

「1と4」にベット 結果「1」「3」「6」: 負け(4が出ていない)

トータルベット

3つのサイコロのうち、3つ全ての合計数字(4~17)を当てます。

サイコロの合計の数字の組み合わせの通りが多いければ多いほど配当金は少なくなり、合計4のような組み合わせが少ないほど配当は大きくなります。配当は6~最大60倍です。

コンビネーション

2つの出目を「1と2」「1と3」…「5と6」というようにバラバラに予想します。サイコロに区別をつけないので、出目が3つともバラけることになります。賭け対象は合計15パターンあり、配当は7倍です。

ダブルベット

3つのサイコロのうち同じ出目2つを当てるベット方法です。賭け対象は6パターンあり、配当は11倍です。

2つの同じ数字が出ないと配当がもらえないのでなかなか厳しいベットですが、少ない資金で大きな当たりを狙いたい時にはオススメの方法です。

例)

「1と1」にベット 結果「1」「1」「6」:配当11倍

エニートリプル

3つのサイコロの出目が3つとも同じなら勝ちというベット方法で、どの数字でもトリプルなら配当は30倍です。

トリプルベット

特定の出目のトリプルを当てるというベット方法で、シックボーの中で一番当てるのが困難ですが、当たれば配当は180倍です。

例)

「1と1と1」にベット 結果「1」「1」「1」:配当180倍

私たちのおすすめカジノ
169 評価

最大$777 + フリースピン333回

シックボーの攻略法

シックポーでは様々なカジノ必勝法が活用出来ます。その中でも、おすすめの3つの攻略方法をご紹介します。

ウィナーズ法

ウィナーズ法は、勝率が約50%で配当が2倍のゲームに使用出来ます。

そのためシックボーで活用する場合、最初は比較的当てやすい「大/小」に賭けるのがおすすめです。

しかし、シックボーでは「大/小」に賭けて、ゾロ目が出ると負けになってしまうため、勝率は50%を下回ってしまいます。

ウィナーズ法の利点としては、負けが続いた後にウィナーズ法を用いて1セットを完了させることが出来れば大きな利益を得ることができます。

パーレー法

パーレー法もウィナーズ法と同様に、勝率が約50%で配当が2倍のゲームに使用出来ます。

そのためシックボーの「大/小」で有効活用出来ます。

ゲームで勝つたびに賭ける金額を倍にしていくのがパーレー法で、勝ちが続くと大きな利益を獲得できる攻めの攻略法です。

途中で負けてしまっても最初に賭けた金額以上の損失が出ず、ローリスクでありながら短時間で利益を得ることが可能なので、初心者の方にもおすすめです。

マーチンゲール法

マーチンゲール法は負けたら倍賭けする手法です。この場合、ネックとなるのは最高ベット額です。できるだけ最高ベットが高い台を選び、少額で勝負するのおすすめします。

シックボー攻略のまとめ

様々なベット方法や攻略法をご紹介しましが、シックボー(大小)は、「大」か「小」に賭けるのがおすすめです。

その理由は控除率です。シックボーは当たれば150倍あるいは180倍の配当がある反面、控除率が高いゲームとして知られています。

「大・小」に賭けた場合、控除率2.8%です。ぞろ目を狙って当たると配当は24倍ですが、控除率30.6%のため、利益も少なくなってしまいます。一番悪い賭け方をすると、控除率はが47.2%なってしまいます。

※控除率とは、カジノ側の利益のことでハウスエッジという言い方もされます。

売上から還元率を差し引いた数字が控除率です。「還元率」プラス「控除率」は100となります。

それでもウィナーズ法、パーレー法、マーチンゲール法を使用すれば勝てるかもしれません。実践と経験をし「自分に合った賭け方(必勝法)」を見つけることが何よりも損失を最小限に抑え、利益を最大限引き伸ばす上で大切なことです。

まずは様々な攻略法を試してみましょう!

ベストライブカジノでシックボー(大小)をプレイ!

シックボーは中国発祥、そしてアジアで人気ということもありランドカジノでは取り扱っているの場所が少なく、日本ではオンラインカジノからプレイ出来ます。おすすめオンラインカジノなら、お得なボーナスを利用したり、様々なシックボーのゲームで遊ぶことができます。 またオンラインカジノならルールがわからなくなった場合や攻略法を再度調べたい時にも、その場ですぐ調べられるので、安心してプレイできます。

よくある質問

シックボー(大小)とは3個のサイコロを用いてその出目の合計数などを予想するテーブルゲームです。日本の賭博の丁半に似ていることから、馴染みあるサイコロゲームとして、日本のオンランカジノで人気があります。 

最もシンプルな賭け方が大小です。サイコロの出目の合計が大(11~17)になるか、小(4~10)になるかを予想します。他にも様々な賭け方があり、配当も異なります。 ライブディーラーカジノで実際にプレイしてみましょう。

シックポーでは様々なカジノ必勝法が活用出来ます。その中でも、おすすめの2つの攻略方法がパーレー法とウィナーズ法です。また、1番おすすめの賭け方はシックボーの基本であある「大」か「小」に賭けることです。これには控除率が関係してきます。 

様々なオンラインカジノゲームがありますが、バカラをシンプルにしたドラゴンタイガーに似ています。ドラゴンタイガーはカードゲームで「ドラゴン」か「タイガー」の、どちらが勝つかを予想します。 同じく3つのサイコロを使用するサイコロゲームの魚蝦蟹(Hoo Hey How)に似ています。 1つのゲームのルールと知識をつけると他のカジノゲームでも同じ攻略法を活用出来たり、応用することが出来ます。気になったら是非一度トライして、自分に1番合うゲームを見つけてみましょう。

Return to top