Hoo Hey Howのプレイ方法 (大小) 2020ガイド

HOO HEY HOW をプレイする際に必要な情報をまとめた完全ガイドで、次のことがわかります。

日本で最高のオンラインカジノ 2020
更に表示

Hoo Hey Howとは

Hoo Hey How(福建の方言「魚蝦蟹」が由来で「ホーヘイハウ」と読む)は、6面体のダイスを3個使う中国由来のゲームです。ベトナムのBầu cua cá cọp(スカッシュ・蟹・魚・虎)や、西インド諸島のCrown and Anchorに似ており、数字の代わりにシンボルが入ったダイスを使用するのが特徴です。

また、アメリカでは、同じスリーダイスゲームをChuck-a-Luck(チャック・ア・ラック)と呼び、配当が似ています。

あらゆるダイスの数字、2つの追加ベット、ハイ・アンドローなども、アメリカのランドカジノのテーブルで見かけます。意外にも、アメリカ国内におけるHoo Hey Howは、ランドカジノでほとんど時代遅れになってきましたが、オンラインのカジノサイトでは頻繁に見受けられます。

ベトナムでは、ゲームを進行する上で3つのダイスしか使わないので、Bầu cua cá cọpの人気があります。Xoc Diaほど人気があるわけではありませんが、昨今ランドカジノで提供され、オンラインのカジノサイトでは引き続き安定した人気があります。

Hoo Hey Howでは、バカラなどと違い、プレイヤーとディーラーのどちらが勝つかを当てるのではなく、プレイヤー同士で対戦するでもなく、サイコロのどの目が出るかを当てます。

hoo hey how

上の図は、オンラインでよくあるHoo Hey Howのゲームの様子を表しています

従来のHoo Hey Howでは、3つの6面体のダイスに絵柄が描かれており、絵柄には、Hoo Hey How(魚・蝦・蟹)、さらに雄鹿、ヒョウタンや雄鶏があります。

ゲームによっては、ディール(カードを配ること)は交代で行いますが、カジノにおいてはハウスがゲームの胴元になり、ディーラーが全ての賭け金やダイスをディールします。

プレーを開始するには、ディーラーがダイスを手に取り皿に置きます。賭けのレイアウトでわかるようにダイス各面の対応する絵柄に賭けるようにします。全員がベットし終わったら、プレイヤーは皿からダイスを取り出し、レイアウトの上でサイコロを振ります。他の方法では、ダイスはボウルで蓋をされ、ボウルと皿を何度も振ってから、レイアウトの上に戻され、ボウルを外してどのシンボルが表向きになったかを確認します。

ドラゴン・タイガーのように、絵柄だけでなく、大小や奇数偶数などで当てることができます。

私たちのおすすめカジノ
169 評価

最大$777 + フリースピン333回

配当の仕組みは、とても簡単です。正解のシンボルに賭けた分に対し支払われます。ダイスを振らないシンボルの賭けは負けです。プレイヤーが勝ったシンボルに賭けていた場合、対等の賭け金(1倍)が支払われます。2個のダイスに勝ったシンボルが出たら、2倍の配当が支払われます。勝ったシンボルが3個全てのダイスで表向きになっていたら、3倍の配当が支払われます。この配当の仕組みでは、Xoc Dia やSic Boの賭けと同様に7.9%のハウスエッジが生じます。

さらに、Sic boのように、それぞれに3倍の賭け金が使える場合があります。この賭け金は、ダイスを振った後、3個全てのダイスが同じシンボルで表向きになる場合、勝ちになります。6種類のうちのどのシンボルでも構いません。賭けは勝ちとなり30倍の配当が支払われます(ハウスエッジは13.9%込み)。

しかし、マカオのカジノのようなランドカジノのなかには、24倍の配当しか支払われないところもあります(ハウスエッジは30%)。

アメリカのカジノでは、不正行為を防止するため、Chuck-a-Luck専用ダイスは金属製の籠の中で振られるようになっています。カジノの中には、ダイスゲーム専用鳥籠装置を使用しているところもあれば、多くのSic boゲームで使用されるホルダーのような覆い布で被せた円筒状のプレキシガラス製ホルダーを使用しているところもあります。

オンラインカジノ(ライブディーラーがいないものとして)では、3個のダイスを1回で振るため、216通り(6x6x6)の起こりうる結果の実際の数学的確率に基づいて、どのシンボルを表に出すかを自動的に選択するランダムナンバー・ジェネレーターを使用しています。

HOO HEY HOWを無料でプレイ&リアルマネーでプレイしよう!

日本向けHoo Hey Howについて解説してきましたが、いかがでしたか?

このページのポイントは、次の通りです。

Hoo Hey Howは、ユニークかつ楽しみのあるゲームで、特にアジア各地で親しまれています。初心者の場合はHOO HEY HOWを無料でプレイできるので、まずは練習から始める方法もあります。それから当サイトが紹介する信頼できるオンラインカジノでボーナスを活用し、実際にプレイしてみてください。

よくある質問

日本ではオンラインカジノに関する規制がなく、日本にいながら海外で運営されているオンラインカジノでHoo Hey Howをプレイすることは、違法ではありません。そもそもオンラインでの賭博を規制する法律がないため、日本では合法とも言えません。 ただし、日本で運営されている店舗でオンラインカジノや賭博を行うと、違法になります(インカジ)ので、ご注意ください。

Hoo Hey Howはオンラインで無料でプレイできます。まだHoo Hey Howをプレイしたことがない人、ルールを確認したい人、戦略を試してみたい人などは、Hoo Hey Howを無料でプレイしてみてください。ただし、無料プレイであり、勝った場合にも勝利金はもらえません。ライブディーラーカジノで遊べるのも、リアルマネーのみとなっていますので、ご注意ください。 

Hoo Hey Howは、中国発祥のダイス(サイコロ)を使用したゲームで、エビカニサカナ、フーヘイホウ、大公無私、マカオダイスとも呼ばれます。勝ち負けの仕組みは簡単で、中国やベトナムを始めアジアで特に人気です。  ライブディーラーカジノで、生の臨場感を味わいながらHoo Hey Howをプレイするのがお勧めです。 

Hoo Hey Howをプレイするときでも、もちろんボーナスを請求できます。オンラインカジノによって、もらえるボーナスの内容やボーナスの対象となるゲームが異なります。当サイトの日本向けオンラインカジノサイトのページを見て、ボーナスの内容や条件を踏まえてオンラインカジノを選び、Hoo Hey Howのプレイに利用してください。 

Hoo Hey Howでは、3つのサイコロの出た目の合計を予想する、シックボー(大小)と似たルールがあります。大小を当てるという意味では、ドラゴンタイガーもトランプゲームですが共通点があります。

Return to top