パーレー法徹底解説:実践方法と2020年に更に勝つ方法

Asiabetではオンラインカジノで使える必勝法の1つ、パーレー法について徹底解説していきます。このページで紹介されている以下の3点を押さえれば利益を何倍にも上げられること間違いなしです!

日本で最高のオンラインカジノ 2020
更に表示

パーレー法とは?

パーレー法とは、勝利する度に賭け金を2倍に上げていくことで獲得金を上げるという攻略法で、ゲームの勝率が50%の2倍配当のゲームに効果を発揮すると言われています。

2倍配当のゲームには、ルーレットやブラックジャック、バカラ、シックポーなどが含まれます。また、パーレー法は、逆マーチンゲール法とも言われています。マーチンゲール法は、負けた時に前回の賭け金の2倍をかけるという反対の手法を使うため、逆マーチンゲール法という別名が付きました。

パーレー法の特徴

パーレー法は連勝時にしか効果がないため、一度でも負けると損失が出てしまうのがデメリットです。逆に連勝時に賭け金の2倍の額を賭けていくため、短時間で賞金を何倍にも上げることができるのがパーレー法のメリットでもあります。

パーレー法のメリット パーレー法のデメリット
  • 短時間で賞金を何倍にも膨らますことができる。
  • 少ない基本賭け金でも始められる。
  • 少ない資金でも大きな賞金に変えられるチャンスがある。
  • 一度でも負けると損失が出てしまう。

パーレー法の使い方

パーレー法は勝利する度に賭け金を2倍に上げていく攻略法と述べましたが、ここでは、パーレー法の使い方や、パーレー法の手順、およびパーレー法のシュミレーションについて徹底解説していきます。

パーレー法の手順は以下になります。

では次に、基本賭け額を1ドルでスタートした場合のパーレー法攻略シミュレーションを見てみましょう。

このように4連勝するだけで短期間のうちに16ドルの資金まで増やせることになります。

実際にルーレットでパーレー法を試してみました。

今回は分かりやすいように10回連続で赤のみに賭け、基本賭け額は1ドルでスタートしました。最終結果は+4ドルの収益となりました。

また、パーレー法と同じように連勝時に使える低リスクで攻めることができる攻略法もあります。 例えば、 賭け金を1→2→3→5倍と勝つ度に上げていくことで連勝時の利益を上げていく グッドマン法  や賭け金を1→3→2→6倍と勝つ度に上げていくことで連勝時の利益を上げていくバーネット法があります。

パーレー法の損切りのタイミング

以上がパーレー法を使った流れですが、負けた時のリスクを抑える対策法が存在します。それはパーレー法を使う際に「損切りのタイミングを決める」ことです。

損切りのタイミングとは、連勝時の連勝回数を事前に自分で設定することで引き際を決めることをさします。例えば連勝回数を4回までに設定するとします。そうすると、勝ち負けに関わらず5回目には賭け額をリセットし、振り出しに戻ることになります。

このように損切りのタイミングを事前に決めることで、連勝後に負けた時の損失を減らし、リスクを抑えることができます。連勝時の回数は高い数にすると、負けた場合の損失も大きくなるので、少ない回数にすることをおすすめします。

損切りのタイミングと一緒に覚えて欲しい損失を減らす為の攻略法にハーフストップ法というものがあります。これは、収益の半分まで辿り着いた時点でゲームをストップするという手法になります。元々ある資金が減ることはないので、必ず利益の半分は残した状態でゲームを終えることができます。

損切りのタイミングとハーフストップを組み合わせてみたり、どちらか自分に合う「やめ時を見つける方法」を見つけてみるといいかもしれません。

グランパーレー法

グランパーレー法とはパーレー法の変形版で、勝利時にパーレー法の2倍の額+更に1単位上乗せした額を賭けていく手法をさします。

パーレー法と同じく2倍配当のゲームに効果的で、パーレー法より更に上の賭け額を上げていく方法のため、より攻めた攻略法になります。

※この+1単位の上乗せする額は自分で決めることができます。

グランパーレー法の使い方

では、グランパーレー法の使い方を手順と共に詳しく解説していきます。

基本の賭け金を1ドルでスタート+プラスの1単位上乗せする金額を「2ドル」と設定した場合の流れを見てみましょう。

このように続けていき、負けたらそこでリセットとなります。

ご覧のように同じ1ドルの賭け金スタートでも、4連勝した時点での獲得金がパーレー法よりも30ドルも違うことが分かります。

グランパーレー法のメリット グランパーレー法のデメリット
  • パーレー法よりも短期間の間に獲得金を増やせる。
  • 連勝後に負けた後も利益を出すことができる。
  • 少ない資金でも始められる。
  • 1度でも負けた途端に損失が出てしまう。
  • 連勝し続けないと使えない。

また、グランパーレー法に似た攻略法として、イーストコーストプログレッション法があります。この攻略法も連勝時にのみ使える攻略法で、2連勝した後に直前の賭け金+過去2連勝で獲得した利益を上乗せした額を賭ける手法です。勝った時に常に利益の半分を残し、残りの半分の利益を上乗せして賭け続けられるので、攻めと守りを同時に行えます。

さらに、ジャン・ル・ロン・ダランベールというフランス人数学者によって開発された数式を利用したダランベール法では、勝った場合は次のゲームで賭け額を1単位減らし、負けた場合に次のゲームで賭け額を1単位増やすという攻略法です。

私たちのおすすめカジノ
169 評価

最大$777 + フリースピン333回

パーレー法のポイント

では引き続きパーレー法に戻りますが、ここではパーレー法を使う時に注意したいポイントについて紹介していきます。

基本の賭け金の設定

上記で挙げた例のように、基本の賭け金を1ドルでスタートした場合はその分損失も少ない状態で着実に利益を上げることができます。例えば、基本の賭け金を10ドルでスタートした場合、数ゲーム目には最大賭け額のマキシマムベット額を超えてしまう可能性が出てきてしまいます。

基本賭け金を高く設定するほど制限が限られたり、損失が増えるリスクも高まります。基本賭け額は低めのスタートから始めることをおすすめします。

 テーブルリミットの確認

先ほども触れたように、カジノゲームでは一度に賭けることのできる金額には上限があります。これはテーブルリミットとも呼ばれています。一般的なテーブルリミットのマキシマムベットは500ドル程度と言われています。

例えば賭け金を10ドルでスタートし、グランパーレー法を使用した場合6回目にはマキシマムベットに達してしまいます。パーレー法やグランパーレー法のように賭け額を上げていく手法を使う際は一度に賭けられるテーブルリミットの事前確認をしておく必要があります。

最後に、パーレー法は、短時間で一気に利益を獲得することを目的とする攻めのシステムベッティングですが、ゲームを長く楽しみたいという守りを重視した攻略法として、数列を元に賭け額を決めていくモンテカルロ法ウィーナーズ投資法があります。パーレー法とは違ってどちらもメモを必要とする数式ですが、勝ち負けに限らず低リスクのまま利益を増やせる攻略法なので覚えておくと便利です。

パーレー法まとめ

パーレー法の使い方やその応用法、およびパーレー法の変形版であるグランパーレー法の使い方 、それぞれのメリットやデメリットおよび対策法、また併せて覚えておきたい攻略法について解説してきました。2倍配当のゲームに効果のあるパーレー法なので、もちろん連勝が続く可能性も負けが続く可能性も50%なので、運も関わってくることを頭の片隅に入れておきましょう。

パーレー法やグランパーレー法は低リスクのまま利益を上げ続けていく攻略法としては抜群の役割を果たします。まとめとしては、「基本賭け金を高く設定しすぎず、損切りのタイミングを決める」ことが勝利に大きく近づくポイントとなります。

まずは練習用に無料版でこのパーレー法や他の攻略法を試してみてはいかがでしょうか?ランドカジノと比べると、無料版でリアルマネーを入金しないで事前練習ができ、いつでもどこにいながらでも様々な攻略法を実践できるのはオンラインカジノならではです。ぜひAsiabetのオンラインカジノゲームや人気のライブディーラーカジノを通して攻略法を活用して利益を何倍にも上げていってください!

よくある質問

パーレー法とは、勝率が50%の2倍配当のゲームに適用している攻略法で、勝利時に賭け金を2倍ずつ上げていく手法です。連勝時に効果が抜群に発揮される攻略法です。

パーレー法を使うことによって、勝利時の利益を大幅に上げていくことができます。

パーレー法のメリットはやはり、短期間の間に利益を上げることができるのと、少ない資金でも始められるという点です。一方でパーレー方のデメリットは、連勝するまで使えないのと、一度でも負けた時点で損失が出るという点です。Asiabetでは他にもオンラインカジノで使える攻略法を紹介しています。

パーレー法が使えるカジノゲームは、2倍配当のような勝率が50%のゲームになります。例えば、ルーレット、ブラックジャック、バカラ、シックポーなどがあり、Asiabetで人気のライブディーラーカジノでもパーレー法を活用することができます。

Return to top