ブラックジャックのルール: 遊び方と用語 2020年

ブラックジャックの必勝法をお探しですか?またはブラックジャックのルールについて分からない点がありますか?心配要りません。このページではブラックジャックのルールと必勝法について解説していきます。

このページの内容

ブラックジャックのルール

オンラインブラックジャックは基本的に、あなたとディーラーが勝ち負けを競うゲームです。配られたカードの合計が21を超えずに、できるだけ21に近い数字を出した方が勝ちになります。

まず、最初にカードが2枚配られますが、その数の合計によって、次のカードを引くか引かないかを決めます。

例えば、最初の2枚の合計が6だった場合は、次のカードがどんな数字でも21にはなりませんので、カードを引き続けます。

しかし、最初の2枚の合計が16だった場合、次のカードを引いたら21を超えてしまう確率は高くなります。

以上が基本的なブラックジャックの遊び方と流れになります。

では、ブラックジャックの基本的な用語について見ていきましょう。

ブラックジャックの用語

ブラックジャックには英語の用語がたくさん出てきます。カタカナで書かれていると言っても、単に英語がカタカナ読みになっただけなので、英語の意味が分からないとまったく意味がありません。

ここでは重要な用語について解説していきます。

プレイヤー限定ルール9個

プレーヤーであるあなたは、ゲーム中に色々な選択をすることになります。プレーヤーはゲーム中に以下のアクションを選択できます。

これらのアクションを利用して勝利を目指しましょう。

ヒット(Hit)

カードを引くこと。

スタンド(Stand)

それ以上カードを引かないで勝負に出ること。

ダブルダウン (Double Down)

ベットした金額を2倍にして3枚目のカードを引くこと。絶対に勝てると確信した時に使うと、それだけ勝利額も高くなります。

ダブルダウンをするタイミングは、もう1枚引いてもバストしないと確実に分かっている場合。例えば、自分の最初の2枚の合計が9、10、11の場合は、その次に10が出る可能性は低くなります。

または、ディーラーのオープンカードが6以下の場合は、2枚目の数字は大きい可能性が高いので、ディーラーがバストする確率が高くなります。よって、ダブルダウンするのによい状況だと言えます。

スプリット(Split)

配られた2枚のカードの数字が同じ(ペア)だった場合は、ハンドを2つに分けることができます。これを行うには、2つ目のハンドにも最初のハンドと同額のベット額を投入しなければいけません。

ただし、どのペアでも分ければいいというわけではなく、いいペアと、あまりよくないぺがあります。

これを使いたいケースは、A(エース)が出た場合。ブラックジャックでは、約30%の確率で10の数字で出るので、2つに分ければ、それだけブラックジャックを当てる確率も倍増します。

10のペアの場合、1つのハンドですでに勝てる確率が高いので、欲張って2つに分ける必要性もありません。

5のペアの場合は合計10になるので、そのまま1つのハンドで勝負を続けた方が無難です。

ブラックジャックスイッチ (Blackjack Switch)

通常のブラックジャックと少し違ったタイプのPlaytecb社リリースのブラックジャックです。2つのハンドでプレイして、有利になるようにカードを入れ替えることができるブラックジャックです。

サレンダー (surrender)

英語で「Surrender=降参」という意味になります。最初の2枚のカードが配られた時点で負けることが確実に分かっている場合に、負けを認めて賭け額を半分にできます。

例えば、ディーラーのオープンカードが10、絵柄、またはA(エース)で、自分のカードの合計が16、17などであったら、自分はバーストしてしまう確率も高く、ディーラーが勝つ確率も高くなりますのでこのような状況で使えます。

ただし、3枚目のカードを引いた場合、それ以降は使えなくなります。

インシュランス( Insurance)

insuranceは英語で「保険」の意味。ディーラーにブラックジャックが出そうな時にこれを賭けておくと、ベット額の半額を保険として受け取ることができます。

イーブンマネー (Even money)

自分にブラックジャックが出る際、ディーラーのアップカードがエース の時に賭けることができます。

プレミアムルール (premium rule)

通常のブラックジャックと違った種類のブラックジャックのゲームのルール。例えば、5枚のカードで21を出すと1.5倍の配当になります。

私たちのおすすめカジノ
169 評価

最大$777 + フリースピン333回

ディーラー限定ルール2つ

ブラックジャックで勝つには、ディーラーがどのような手を打つかを注意深く観察することも重要です。以下、ディーラー限定のアクションです。

17以上になるまでヒット

ディーラーはカードの合計が17以上になるまでヒットを続ける必要があります。

17以上になったらスタンド

ディーラーはカードの合計が17を超えたらスタンドする必要があります。

以上の2点を考えると、ディーラーのカードの合計は17~21、またはバストの6種類のいずれかになるということはすでに分かっています。

ところが、プレーヤーには2~21までのチョイスがありますので、ブラックジャックというゲームはプレーヤーが圧倒的に有利なゲームだと言えます。

詳しい必勝法はブラックジャックのストラテジーのページをご覧ください。

ブラックジャックのカードの数え方

ブラックジャックでは、数字のカードはそのまま数えます。ジャック、クイーン、キングなどはすべて10として数えます。

A(エース)は状況によって、1または、11にもなり得ます。状況によって都合のいいように選択できます。

カードカウンティングについて

カードカウンティングはブラックジャックで使われる上級テクニックです。

このテクニックでは、すでに出たカードを覚えておいて、まだ出ていないカードの数を予測し、当たる確率によってベット額を上げたり下げたりします。

ランドカジノでは、ブラックジャックで出た数字をメモしたりする行為は禁止されていますが、オンラインカジノでは問題なく使えます。

このテクニックについて詳しいことは、当サイトのカードカウンティングについてのページをご覧ください。

ブラックジャックのルール まとめ

ブラックジャックにはいろいろな用語が出てきますが、特に難しいことはありません。基本的には、ベット額を決めて21に近くなるまでカードを引き続ける(Hitする)という流れです。

その他のブラックジャックのルールは、実際にプレイをしながら覚えていくと速く覚えてしまうので、ゲームがより一層楽しくなります。

まずは、当サイトおすすめのカジノに登録をして無料お試しモードでブラックジャック、ルーレットバカラなどのゲームもプレイをしてみて下さい。

無料モードでも、どうやったら勝てるのかという感覚は十分ににつかめますので、まずは気軽に始めてみましょう。

Asiabetに掲載されているカジノは日本で人気のカジノ。お得なボーナスも獲得できますので、登録してテーブルゲームやライブカジノのブラックジャックもリアルマネーでプレイしてみましょう。

よくある質問

ブラックジャックは、ディーラーとプレーヤーのあなたが勝負するゲームです。配られたカードの合計が21以下でありながらも、ディーラーより大きい数字を出せれば勝ちになります。詳細は、ブラックジャックのルールのページをご覧ください。

ブラックジャックのルールに慣れていない初心者は、次に出る数字の割合を考えてプレイすると勝てる確率も増えていくでしょう。例えば、最初2枚のカードの合計が17だった場合、次のカードで21を超える確率は高くなってきます。攻略法に関してはオンラインブラックジャックのガイドのページをご覧ください。

ブラックジャックのプロのようにコンスタントに勝つためには、ディーラーのオープンカードを意識しつつ自分のカードの合計数も読みながら、カードを引き続けるか、Standするかを判断していくことです。またその他にもプレイヤー限定ルール9個、スプリット, スイッチ、サレンダー 、インシュランス、イーブンマネー 、プレミアムルール 、ディーラー限定ルール2つなどのストラテジーも応用できます。詳しくは、当サイトのブラックジャックのストラテジーのページをご覧ください。ブラックジャックの基本をある程度マスターできたら、るあるマネーを使ってライブブラックジャックにも挑戦してみましょう。

Return to top