オンラインブラックジャックのルール:初心者向けガイドとデモゲーム

ペイアウト率が高いことで人気を集めているブラックジャック。

このガイドではプロがブラックジャックテーブルのルール、ブラックジャックのカードルール、ブラックジャックのベッティング方法について丁寧に解説しています。また、ブラックジャックがプレイできる当サイトおすすめのオンラインカジノも紹介しています。

ブラックジャックの遊び方と流れについて以下で学んだら、さっそくオンラインカジノでプレイしてみましょう!

ブラックジャック21の遊び方

オンラインブラックジャックは、プレイヤーとディーラーが1対1で勝負をし、勝ち負けを競うゲームです。ブラックジャックではジョーカーを除いた52枚のカードを使用します。

ブラックジャックのテーブルに着席しプレイヤーがベットを終えると、プレイヤーとディーラーにカードが2枚ずつ配られます。配られたカードの合計が21を超えずに、できるだけ21に近い数字を出した方が勝ちになります。この際、ディーラーに配られた2枚のカードのうち1枚は表向きに置かれ、プレイヤーはそれを見ることができます。このカードはアップカードと呼ばれます。一方で、伏せたカードはホールカードと呼ばれます。

最初にカードが2枚配られた後、プレイヤーはその数の合計によって、3枚目のカードを引くか引かないかを決めることができます。

例えば、最初の2枚のカードの合計が6だった場合は、次のカードがどんな数字でも21を超えることはないので、3枚目のカードを引いた方が勝てる確率が高くなるでしょう。

一方で、最初の2枚の合計がすでに16だった場合、次のカードを引いたら21を超えてしまう確率が高くなります。そのため、どれくらいのリスクをとって3枚目のカードを引くかどうかが、ブラックジャックの面白いところであり、難しいところだといえます。

ただし、ブラックジャック21のルールはとてもシンプルなので、初心者の方もプレイしやすいといえるでしょう。

世界中で人気を集めているブラックジャックにはたくさんのバリエーションがありますが、初めてプレイするのであれば、クラシックブラックジャックからプレイするのがいいでしょう。ブラックジャック21の遊び方に慣れたら、他のゲームや異なるブラック・ジャック・テーブル・ルールを設けているゲームなどにも挑戦してみるのがおすすめです。

まずは、このページをしっかりと読んで、カジノブラックジャックルールをしっかりと理解してくださいね。以下では、ブラックジャックを実際にプレイする前に、知っておくべき基本情報を紹介します。

ブラックジャックはトランプを使用してプレイします。

その際、ブラックジャックのカードルールとして、トランプの各カードは以下のようにカウントします。ブラックジャックのエースのルールは特に重要なので、覚えておきましょう。

  • A→プレイヤーのハンドに応じて、1または11としてカウント
  • 2、3、4、5、6、7、8、9、10→その数字の通りにカウント
  • ジャック、クイーン、キング→10としてカウント

例えば、2とキングを持っている場合は、ハンドの合計値は12となります。
Aと9を持っている場合は、10または20としてカウントします。

ブラックジャックにおいて、チップバリューは以下の通りです。

ブラックジャックをスムーズにプレイするために、これらのチップバリューを覚えておくといいでしょう。

$1.00 – 白のチップ
$2.50 – ピンクのチップ
$5.00 – 赤のチップ
$10.00 – 青のチップ
$20.00 – グレーのチップ
$25.00 – 緑のチップ
$50.00 – オレンジのチップ
$100.00 – 黒のチップ
$500.00 – 紫のチップ
$1,000 – 黄色、またはオレンジのチップ
$5,000 – 茶色のチップ

デックとは、カジノのカードゲームにおいて、52枚のトランプ1組のことを指します。

例えば、2デックでプレイ、と表示されている場合は、2組のトランプ、つまり104枚のカードを使用してプレイすることを意味します。

ブラックジャックでは1デック、また6デックでゲームするなど、テーブルによってゲームに利用するデック数に違いがあります。使用するデック数が少ないと、どのカードが残っているかを把握しやすくなるので、カードカウンティングなどの必勝法が使用しやすくなります。

ただし、デック数が少ないと公平性を保つためにディーラーによるシャッフルが頻繁に行われるのが特徴です。

また、1デックでプレイする場合、カジノによってはダブルダウンについて制限が付くこともあります。

ブラックジャックをプレイする際に知っておきたい用語の1つが、ハンド、ハードです。

ブラックジャックにおいて、Aは1または11としてカウントできると解説しました。

Aを11点として数えることをソフトハンドと呼びます。ソフトハンドの場合、3枚目のカードを引いたとしても合計値が21を超えることはありません。

一方でAを「1」として数える場合をハードハンドと呼びます。また、ハンドの合計値が12以上の場合もハードハンドと呼びます。

ブラックジャックにおいてバーストとは、ハンドの合計値が21を超えてしまうことをいます。バーストとなった時点で負けが決定します。

プレイヤーがディーラーよりも先にバーストしてしまった場合、その時点で賭け金が没収されてしまいます。そのため、ディーラーがバーストする可能性がある場合、カードを引かずにディーラーがバーストするのを待つのが得策です。

ディーラーがバーストした場合、そのテーブルに残っているプレイヤー全員が勝利となります。

無料デモゲームで、ブラックジャックの遊び方を簡単に学ぼう

初めてブラックジャックをプレイする方は、ブラックジャック・カードゲーム・ルールをよく理解するために、デモゲームをプレイすることをおすすめします。無料のデモゲームであれば負けてもお金を失うことがないので、気軽に好きなだけブラックジャックを練習することができます。

具体的なゲームの流れやベット方法については、このページでさらに詳しく解説しています。

また、オンラインカジノでは入金不要ボーナスや初回入金ボーナスを提供しており、これらを利用することで無料でブラックジャックをプレイすることも可能です。当サイトでは、豊富なボーナスを提供しているオンラインカジノを多数紹介しているので、ぜひAsiabetおすすめのオンラインカジノに登録してみましょう。

無料デモゲームをプレイする方法は以下の通りです。

  • 信頼できるオンラインカジノに参加してゲームを選ぶ
  • 「Start the Game」をクリック
  • 好きな金額をベット
  • ブラックジャックをプレイ

ブラックジャックのゲームの流れ

ここではブラックジャックのゲームの流れを紹介します。ブラックジャック21の遊び方はルーレット、バカラと同じようにとてもシンプルであり、基本的にプレイヤーとディーラーにカードを配るだけなので、1ゲーム2、3分で終了します。

私たちのおすすめカジノ
237 評価

200フリースピン+最大200,000円の200%初回入金ボーナス

ブラックジャックのベット方法とアクション

ブラックジャックをプレイする際に、どのようなアクション、ベット方法があるのかを覚えておきましょう。

ここでは初心者向け、上級者向けに分けて紹介します。これらを使用して、ブラックジャックのルールチャートを作るのもいいでしょう。

基本アクションとベット方法

ブラックジャックをプレイする前にしっかりと理解しておきたいのが、以下のブラックジャックのベッティングルールです。ブラックジャックをプレイする際には必ず必要となるので、しっかりと覚えておきましょう。

また、ここではブラックジャックのディーラールールについても触れています。

ヒットとは、カードを追加で引くことを意味します。

ヒットに回数制限はなく、好きなだけ追加でカードを引くことができます。一方でディーラーには、カードの合計が17以上になるまでヒットしなければいけないというルールがあります。

そのため、カードをヒットするかどうかは、ディーラーのアップカードによって判断するのがいいでしょう。例えば、ディーラーのアップカードが6以下で、プレイヤーのカードが12以上であれば、ヒットをする必要はないでしょう。

また、カジノによってはファイブカードチャーリーという特殊なブラックジャックのカジノルールを設けている場合があります。 3回ヒットをしてカード枚数が5枚になってもバーストしなかった場合、ファイブカードチャーリーとなり、2倍の配当を受け取ることができます。

それ以上カードを引かないで勝負に出ることを指します。

プレイヤーはスタンドするかを自由に選択できますが、ディーラーはカードの合計が17を超えたらスタンドしなければいけないというブラックジャックのカジノルールがあります。

もしもディーラーがバーストする可能性が高いと思ったら、リスクをとってヒットせずに、スタンドするのがいいでしょう。特にハンドの合計がすでに17を超えている場合は、スタンドをするのが得策です。

ブラックジャックをプレイする際に、しっかりと覚えておきたいのがブラック・ジャック・ダブルダウン・ルールです。

ダブルダウンとは、ベットした金額を2倍にして3枚目のカードを引くことを指します。3枚目のカードを引くことで確実に勝てると確信した時に使うと、それだけ勝利額が高くなります。

ダブルダウンをするタイyミングは、もう1枚引いてもバーストしないと確実に分かっている時です。例えば、最初2枚の合計が9、10、11の場合は、絶対にバーストはしません。同時に、3枚目のカードを引くことで、21に近づけることが可能です。

または、ディーラーのオープンカードが6以下の場合は、2枚目の数字は大きい可能性が高いので、ディーラーがバーストする確率が高くなります。よって、ダブルダウンするのによい状況だと言えます。

配られた2枚のカードの数字が同じ(ペア)だった場合は、ハンドを2つに分けることができます。これを行うには、2つ目のハンドにも最初のハンドと同額のベット額を投入しなければいけません。

ただし、どのペアでも分ければいいというわけではなく、スプリットに向いているペアと、向いていないペアがあります。

スプリットに向いているのはAのペアです。ブラックジャックでは、約30%の確率で10の数字で出るので、Aを2つに分ければ、それだけブラックジャックを当てる確率も倍増します。

10のペアの場合、1つのハンドですでに勝てる確率が高いので、欲張って2つに分ける必要性もありません。

5のペアの場合は合計10になるので、そのまま1つのハンドで勝負を続けた方が無難です。

また、ブラックジャックのスプリットルールには、プレイヤーがスプリットした後に、10とAが出た場合、ブラックジャックとみなされないというルールがあるので注意が必要です。

プッシュとは、ブラックジャックにおいて引き分けを意味します。

ブラックジャックでプレイヤーとディーラーのハンドの合計が同じだった場合、プッシュとなりプレイヤーのベットは払い戻されます。

ブラックジャックの様々なベット方法

次に紹介するのは、ブラックジャックの上級者向けのベット方法となります。少しルールが複雑になりますが、これらを使用すれば確実に稼ぐチャンスを増やすことができます。

insuranceは英語で「保険」を意味します。ディーラーのアップカードがAで、ブラックジャックになる確率が高いときに、その保険として賭け金の半分を追加で支払います。

この時、ディーラーがブラックジャックになると、プレイヤーはゲームに負けたことになりますが、インシュランスに対して2倍の配当が支払われます。つまり、プライマイゼロとなり、損失を抑えることができます。

ただし、ディーラーがブラックジャックではなかった場合は、インシュランスで支払った賭け金は没収されてしまいます。

インシュランスが成功する確率は低く、支払われる配当も2倍と少ないので、使用しないのがいいでしょう。ブラックジャックのインシュアランスのルールは、「こういうものがある」、くらいの軽い気持ちで頭の片隅に置いておくといいでしょう。

英語で「Surrender=降参」という意味になります。最初の2枚のカードが配られた時点で負けることが確実に分かっている場合に、負けを認めて賭け額を半分にできます。

例えば、ディーラーのオープンカードが10、絵柄、またはA(エース)で、自分のカードの合計が16、17などであったら、自分はバーストしてしまう確率も高く、ディーラーが勝つ確率も高くなります。このような場合、サレンダーを選択することで、全額を失うリスクをなくすことができます。

ただし、サレンダーができるのは、最初の2枚のカードが配られた後のみです。3枚目のカードを引いた場合、サレンダーは使えなくなります。

イーブンマネーとは、プレイヤーがブラックジャックで、ディーラーのアップカードがA の時に使用できるアクションのことを言います。
ブラックジャックの場合、通常配当は2.5倍ですが、イーブンマネーを使用するとディーラーがブラックジャックかどうか確認する前に2倍の配当を支払ってもらうことができます。

つまり、ディーラーもブラックジャックで引き分けとなってしまうリスクを回避し、先に利益を確定してしまうということです。この場合、受け取れる配当は2倍なので、0.5倍分は手数料という扱いになります。

確実に利益を得たい場合は、イーブンマネーを使用するのがいいでしょう。

ブラックジャックの1つである、スパニッシュブラックジャックでは特別なルールが設けられており、プレミアムルールと呼ばれます。
プレミアムルールは以下の通りです。

5枚のカードで「21」→1.5倍の配当
6枚のカードで「21」→2倍の配当
7枚以上のカードで「21」→3倍の配当
「6・7・8・」「7・7・7」での「21」→1.5倍の配当
「6・7・8・」「7・7・7」で同種札→2倍の配当
「6・7・8・」「7・7・7」で全てスペード→3倍の配当
同種札「7・7・7」でディーラーのアップカード(表向きカード)が「7」 →50倍の配当」

ブラックジャックのベットと配当

ここではブラックジャックの配当やハウスエッジについて詳しくみてきます。ブラックジャックとは稼ぎやすいのか、ハウスエッジはどれくらいなのかを、考えていきましょう。

ブラックジャックの勝率は、どのプレイするゲームかによって異なります。

バリエーションによってブラックジャックのペイアウト率は異なりますが、一般的にブラックジャックのペイアウト率は非常に高く、稼ぎやすいゲームとして人気を集めています。

ブラックジャックでは戦略をうまく使用することで、ハウスエッジを0.5%以下まで下げることも可能です。そのため、練習を重ね戦略をうまく使えるようになれば、ブラックジャックでは安定的に稼ぐことができるのです。

ブラックジャックでは以下のように配当が支払われます。

プレイヤーがブラックジャックで、ディーラーに勝った場合
3:2で配当が支払われます。
例えば、10ドルをベットした場合、15ドルを配当として受け取ることができます。

ブラックジャック以外でプレイヤーが勝った場合
1:1で配当が支払われます。
例えば、10ドルをベットした場合、20ドルを配当として受け取ることができます。

プレイヤーとディーラーのハンドが同じだった場合
引き分けとなり、ベット額がそのまま払い戻されます。

ディーラーが勝った場合
ベット額が没収となります。

ハウスアドバンテージとは、ブラックジャックのテーブルにおいて、どれくらいの金額をカジノが利益として維持することができるかを表した数字のことを言います。

例えば、ペイアウト率が95%の場合、100-95となり、ハウスが5%有利になります。プレイヤーにとっては、5%の損失となります。

ブラックジャックではプレイヤーの後にディーラーがアクションを取ります。これにより、プレイヤーが先にバーストしてしまう可能性が高くなるため、ハウスアドバンテージが8%と高くなるという特徴があります。

また、ブラックジャックのハウスアドバンテージは使用するデック数によっても異なります。デック数が多ければ多いほど、ハウスアドバンテージが高くなります。

ただし、プレイヤーがブラックジャックの戦略を使用することで、このハウスアドバンテージを下げることが可能です。

ここ数年で、多くのカジノが3:2から6:5ブラックジャックへ移行してきています。

配当が3:2に設定されている場合、2ドル賭けて勝利した時に3ドルを配当として受け取ることができます。この場合、1.5:1のオッズとなります。

一方で6:5の配当の場合、5ドル賭けて勝利した時に6ドルの配当を受け取ることができます。この時のオッズは、1.2:1です。

これはあまり大きな違いには見えないかもしれませんが、長期的に見た場合、金額に大きな差が表れ、カジノにとって非常に有利な条件となるのがわかります。

そのため、プレイヤーとしては3:2の配当のブラックジャックを選ぶ必要があります。

ライブブラックジャック21ルールをお探しですか?

オンラインカジノではコンピューターを相手としたブラックジャック以外にも、実際するディーラーを相手にプレイすることができるライブブラックジャックゲームを用意しています。

ライブブラックジャックゲームではライブチャット機能を使用してディーラーと会話をすることもできるので、より本格的なカジノ体験を味わうことができます。

Asiabetでは、ライブブラックジャックの基本ルールもわかりやすく解説しています。より本格的なゲームプレイを楽しみたい方は、ぜひライブブラックジャックに挑戦してみましょう。

ライブブラックジャックガイドに移動する

ベストオンラインカジノで、無料またはリアルマネーでブラックジャックをプレイしよう

ブラックジャックのプレイ方法ややベット方法について解説してきましたが、ブラックジャックゲームのルールを理解していただけたでしょうか?

ブラックジャックはとてもシンプルなカジノゲームであり、戦略をうまく利用すればハウスエッジを限りなく低くすることができます。そのため、稼ぎやすいゲームとして非常におすすめです。

まずは、当サイトおすすめのカジノに登録をして無料お試しモードでブラックジャックを練習してみましょう。そして、慣れてきたらリアルマネーでプレイして、資金を増やしてきましょう!

237 人のユーザーによる評価
200フリースピン+最大200,000円の200%初回入金ボーナス
289人のユーザーによる評価
新規登録限定! 大人気ゲームの 150フリースピン
233人のユーザーによる評価
最大400ドルの200%初回入金ボーナス

ブラックジャックのカードの数え方

ブラックジャックで有効な必勝法として多くのプロギャンブラーが使用してるのがカードカウンティングです。カードカウンティングでは、すでに使用されたカードを覚えておいて、まだ出ていないカードの数を予測します。それによって、ヒットまたはスタンドのアクションを選択し、勝率を上げる戦略のことを言います。

ランドカジノでは、ブラックジャックで出た数字をメモしたりする行為は禁止されていますが、オンラインカジノでは問題なく使えます。

この説明だとカードカウンティングが難しく感じるかもしれませんが、カードカウンティングには複数の方法があり、大まかにカードをグループ分けするだけなど、初心者向けのものもあります。

このテクニックについて詳しいことは、当サイトのカードカウンティングについてのページをご覧ください。

ブラックジャックのカードカウンティングを学ぶ

ブラックジャックの用語

ブラックジャックには英語の用語がたくさん出てきます。カタカナで書かれていると言っても、単に英語がカタカナ読みになっただけなので、英語の意味が分からないとまったく意味がありません。

ここでは重要な用語について解説していきます。

アップカード

ディーラーが2枚のカードのうち、表向きのカードのこと

インシュランス

ディーラーのアップカードがAの時に、最初のベット額の半分を追加でベットして、保険を掛けること

カラーアップ

チップの単位を高くすること

シャッフル

ゲームの開始前にカードを混ぜること

シュー

まだ使用していないカードの山のこと

イーブンマネー

ブラックジャックが成立している時に、ディーラーのカードを見る前に、配当を支払ってもらうこと

スタンド

これ以上カードを引かないこと

スプリット

最初に配られた2枚のカードが同じ数字だった場合、手元のカードを2つに分けて別々のハンドとしてゲームをプレイすること

ソフトハンド

Aを「11」としてカウントしたハンドのこと

ダブルダウン

賭け金を2倍にして、追加で3枚目のカードを引くこと

デッキ

1組のトランプのこと

ナチュラルブラックジャック

最初に配られた2枚のカードの合計が21になること

バースト

カードの合計値が22以上になること

ハードハンド

Aを「1」としてカウントしたハンドのこと

ヒット

最初に配られた2枚のカードの次にもう1枚カードを追加すること

プッシュ

プレイヤーとディーラーのカードの合計値が同じであり、引き分けとなること

ブラックジャック

カードの合計が21になること

ペア

同一の数字もしくは、同種の絵札からなる2枚のカードのこと

ホールカード

ディーラーの2枚のカードのうち、伏せたままの方のカードのこと

マキシマムベット

ブラックジャックのテーブルでの最高ベット額のこと

ミニマムベット

ブラックジャックのテーブルでの最低ベット額のこと

よくある質問

初心者の方であれば、まずは当サイトのブラックジャックのルールのページをよく読み、プレイ方法を学びましょう。 プレイ方法を学んだら、無料のデモ版を利用して練習することをおすすめします。ある程度慣れてきたら、オンラインカジノでリアルマネーを使用してプレイしましょう。

21はブラックジャックの別名です。そのため、呼び名は違っても、まったく同じゲームのことを指します。 また、ブラックジャックはポントゥーンと呼ばれることもあります。

ブラックジャックの有効な戦略としてはカードカウンティングがあります。カードカウンティングとは、使用されたカードを数えて、シューに残っているカードを把握する戦略のことを言います。 このカードカウンティングを使用することで、ハウスエッジを0.5%以下に下げることも可能です。

基本的なルールは同じです。しかし、ライブブラックジャックの場合は、ベットする際やアクションを選択する際に制限時間が設けられているので、素早く判断する必要があります。

Return to top