アジア・ハンディキャップ・ベティング・ガイド2020

日本人に優しい厳選オンオンラインギャンブルガイドAsiabetは究極のギャンブルポータルサイトです。大手カジノやブックメーカーとオンラインベッティングを楽しむ方法を紹介しています。

アジアンハンディキャップの基礎知識・3つの大きな特徴

トップ・オンラインスポーツブックはこちらからどうぞ。

 

アジアンハンディキャップとは?

サッカーでのギャンブルの際、パンター(賭けをする人)は、結果が容易に予測できる試合結果に賭ける時、三位の戦績になる引き分けがしばしば高額な賭け金を出します。これは、ほとんどの人は勝ちが予想される試合が引き分けに終わることに賭けるよりもむしろ1対2相場で勝ち取るためにAチームまたはBチームのどちらにも賭けることを好むはずです。試合が引き分けの場合、Aチームに賭けたパンターやBチームに賭けたパンターは自分達の賭け金を失う一方、ブックメーカーにとって大きな利益となります。

アジア・ハンディキャップ・ベティングでは、引き分けは概念的に存在しません。2チームを不利な条件を勝ちそうなチームに与え、有利な条件は負けそうなチームに与えるという対等な条件下に置きます。パンターには2つの選択肢(ハンディキャップ(勝ちそうなチーム)を受け入れるチームか、ハンディキャップ(負けそうなチーム)を受け入れるチームかのどちらかしか残されていません。

2種類の賞金しかなく、試合に際し釣り合いが取れないチームにできるかぎり50:50に近づけて勝つチャンスを与える点では野球、バスケットボールなどの他のスポーツにも似たような状況が見受けられます。さらなるハンディキャップを付けると、両チームは約50%の勝ちのチャンスが巡ってくるので、約1.9~2.1のアジア・ハンディキャップのラインの範囲にあるオッズが出る可能性が高くなります。

この記事の内容をよく理解するために、代表的なオッズの表記方法であるマレーオッズインドネシアオッズ香港オッズについても学んでおくといいでしょう。

アジアンハンディキャップによる賭けの仕組み

スポーツベッティングにはいろんな種類の予想や賭け方がありますが、その中でサッカーのベットのみに適用される賭け方に「アジアンハンディキャップ」というものがあります。

複雑なように見えますがうまく稼げるプレイヤーになるためには必ず理解しておきたい賭け方です。わかりやすく説明していきますので、ぜひ今後のベッティングにお役立てください!

ハンディキャップの長所と短所

アジアンハンディキャップには「引き分けに賭ける」といった選択肢がありません。必ずどちらかのチームが勝利するようになっています。

一方でアジアンハンディキャップは、トーナメントなどといった試合の「内容」まで予想する賭け方のため、試合そのものを深く分析するスキルが求められることになり、単純にオッズが高い・低いから判断して賭けていてもスキルが身につかない方法です。

アジアンハンディキャップのプラス記号とマイナス記号

アジアンハンディキャップでは引き分けのチャンスをなくすことで試合の結果が2通りに限定されます。ハンディキャップはプラス記号(+) とマイナス記号 (-) の値で表され、プラス記号は好成績を収めている勝ちそうなチームを示し、マイナス記号は勝ちそうにないチームを示します。こうしてハンデを与えることでよりバランスのとれたベッティング環境が作られます。

ハンディキャップとの違いは

ブックメーカーによって呼び方は様々ですが、「ハンディキャップ」には「アジアンハンディキャップ」や「ヨーロピアンハンディキャップ」など、様々な種類があります。通常ハンディキャップでは、引き分けも選択肢に含まれます。ベット前に全ての選択に対して出ているハンデの数字を試合結果にプラスして、その結果で勝敗が決まります。そのため、ハンデがあったとしても引き分けは引き分けとなるように点数が割り振られています。アジアンハンディキャップには「引き分けに賭ける」といった選択肢がありません。

アジアンハンディキャップの計算法

アジアンハンディキャップは、「ホームのチームに-1.5、アウェイのチームに0.5」というようにハンディがつけられます。

0.5単位のハンディをスコアに足し引きして勝負を決めるため、基本的にドローに賭けるということはできません。どのブックメーカーでも試合中のハンデに対する賭けはこのように計算されますので、ご注意下さい。

また、試合中のハンデへの賭けは賭ける前までのスコアを無視し、賭けた時点を0-0として、そこから試合終了までのスコアで的中・不的中を判定します。

ヨーロピアンハンディキャップとアジアンハンディキャップ

ブックメーカーにはアジアンハンディキャップの他に、ヨーロピアンハンディキャップもあります。ヨーロピアンハンディは単位に小数点以下がないため、引き分けを選択することが可能となっています。

一方、アジアンハンディには引き分けの選択肢はなく、仮にドローになったら返金となります。また、2つのハンディを付与することができ、賭け金が二頭分されるのも大きな違いです。

のアジアンハンディキャップオッズはどこに出ている?

日本人に優しい厳選オンオンラインギャンブルガイドAsiabetは究極のギャンブルポータルサイトです。大手カジノやブックメーカーとオンラインベッティングを楽しむ方法を紹介しています。

当サイトではアジアのオンラインギャンブラーの皆さまのために、プロのオンラインギャンブラーとスポーツファンで構成されたチームが何百時間もかけてアジアのオンラインギャンブルを調査してきました。これにとどまらず、カジノとブッキーサイトのオンラインの入出金方法、サポート体制、セキュリティも試験・分析しています。

Asiabetがレビューした数百のギャンブルサイトのうち、ここに掲載されているのはほんの一握りのサイトだけです。当ポータルサイトに掲載されているサイトは、数えきれないほどのテストをすでにクリアしているため、安心してお楽しみいただけます。

ナンバーワンのスポーツギャンブルサイト
102 評価

最大 ¥7,000 ベットクレジット

アジア・ハンディキャップには異なる3つのタイプがあります

ハンディキャップはクォーター、ハーフ、フルのゴール数で表わされ、正数と負数があります。これは2チームに関連付けられる範囲数を0、 -0.25、 +0.5、 +0.75、 -1、 -1.25、 +1.5などのような試合で見るのは珍しくないということです。プラスのマークは負けそうなチームが有利な条件にあり、マイナスのマークは勝ちそうなチームが不利な立場にあるという意味で、数値はハンディキャップで得点したゴール数です。よって、+0.5というのは、負けそうなチームがハーフゴールというヘッドスタート(ハンディキャップを与えられた有利なスタートのこと)があり、一方-1というのは勝ちそうなチームが-1点からゲームを始めるということです。これは、休み時間中にサッカーをしていて弱い側のチームにヘッドスタートを与えるのとほぼ同じ考え方です。

今までこのような賭け方をしたことがなければ、初めのうちはアジア・ハンディキャップが少し複雑に思えるかもしれませんが、アジア・ハンディキャップに真剣に取り組みコンセプトを理解すると、実はかなり簡単であることが分かり、賭ける時の見方が変わります

著者はアジア・ハンディキャップ・ベティングの大ファンで、サッカーに賭ける時この相場から離れることはめったにありません。まさに新しい何かを覚える時と同じように、途中時間や忍耐が必要であり、ちょっとしたミス(少しミスをしたこと)はわかっていますが、長い目で見ればとても価値がある経験になるでしょう。

ほとんどのブックメーカーがアジア・ハンディキャップのオッズを提供していますが、一番良いオッズは通常アジア系のブックメーカーから見つけられます。

アジア・ハンディキャップには異なる3つのタイプがあります。- さらに混乱を招くかもしれません – 詳しくは以下で説明します:

フルゴール・アジア・ハンディキャップ

フルゴール・アジア・ハンディキャップは、負けそうなチームにヘッドスタートを与え、勝ちそうなチームにはすべての数字または整数(即ち1、2、3、4など)を使って不利な条件を与えることで機能します。

弱い方のチームは、正値(+1、+2、+3、+4など)を受け取り、一方強い方のチームは負値(-1、-2、-3、-4など)でハンディキャップを付けられます。一つ例外なのは両チームが同点の場合、0点のハンディキャップが両チームに与えられます。

このタイプのアジア・ハンディキャップ・ベットには、3種類の可能性が考えられます。それは勝った時や負けた時、あるいはボイドやプッシュとして知られる賭け金が返金される時です。

理解しやすくするために例を見てみましょう。バイエルン・ミュンヘンvs ヴェルダー・ブレーメンという最近のブンデスリーガ戦のハンディキャップは-2 / +2と設定されています。これの意味するところは、バイエルン・ミュンヘンが2ゴール先制されているという不利な条件で、一方ヴェルダー・ブレーメンは2点先制しているという有利な条件だということです。下の表は、異なる試合の結果を基準にしてあなたの賭け金にどのように影響してくるか説明しています:

試合が引き分けで終了する場合

スコアライン バイエルン・ミュンヘン-2 AH ヴェルダー・ブレーメン+2 AH
0-0 負け 勝ち
1-1 負け 勝ち
2-2 負け 勝ち
3-3 負け 勝ち

 バイエルン・ミュンヘンが勝ちで試合を終了する場合

スコアライン バイエルン・ミュンヘン-2 AH ヴェルダー・ブレーメン+2 AH
1点差で勝利(1-0, 2-1, 3-2) 負け 勝ち
2点差で勝利(2-0, 3-1, 4-2) ボイド ボイド
3点差で勝利(3-0, 4-1, 5-2) 勝ち 負け
4点差で勝利(4-0, 5-1, 6-2) 勝ち 負け

ヴェルダー・ブレーメンが勝ちで試合を終了する場合

スコアライン バイエルン・ミュンヘン-2 AH ヴェルダー・ブレーメン+2 AH
1点差で勝利(1-0, 2-1, 3-2) 負け 勝ち
2点差で勝利(2-0, 3-1, 4-2) 負け 勝ち
3点差で勝利(3-0, 4-1, 5-2) 負け 勝ち
4点差で勝利(4-0, 5-1, 6-2) 負け 勝ち

上の表のように、1.80でバイエルン・ミュンヘン-2 AHに賭けた場合、3点以上で試合に勝っていたなら少ししか配当がなかったでしょう。2ゴール差で勝てた場合、賭けはボイドされるので払い戻されたかもしれませんが、1点、または引き分けや負けたことで勝った場合、あなたのお金はブックメーカーの物になっていたかもしれません。同じように、2.10でヴェルダー・ブレーメン+2 AHに賭けた場合、バイエルンが3ゴール差で勝てない限り、賭けに勝ったことになります(この場合あなたの負け)。もしバイエルンが2ゴールで勝てなければ、あなたの賭け金は払い戻されます。

簡単ですよね?

フルゴール・アジア・ハンディキャップ・ベットは、賭け金の払い戻し要素を含まないのでリスクを軽減させるために有効です。これの意味するところは、たとえあなたのベットが勝つ見込みがなくても賭けることができ、かなりの確率で賭け金の払い戻しを受けるチャンスがあるということです。上の例のように、バイエルンが最大の努力を払ってで試合していなくても、まだ勝つ可能性があり2ゴールで勝つかもしれませんし、そして賭け金の払い戻しを見込めたかもしれません。同じように、ヴェルダー・ブレーメンが超人的努力を注いで彼らの側に幸運の女神が付いたら、2ゴールで負かすことを承知で負けそうなチームに賭けるリスクを負う価値があるかもしれません。

ハーフゴール・アジア・ハンディキャップ

さらに補足すると、負けそうなチームに有利な条件を、勝ちそうなチームに不利な条件を与えて機能するのがハーフゴール・アジア・ハンディキャップです。その名のとおり、フルゴール・ハンディキャップのようにゴール数全部というよりもハーフゴール単位で行われます。弱いチームは正のハーフゴールのヘッドスタート(+.05、+1.5、+2.5、+3.5など)を受け、強いチームは負値(-0.5、-1.5、-2.5、-3.5など)を与えられます。

ハーフゴール・アジア・ハンディキャップでは、あなたのベット(勝敗の両方)に対して考えられる試合結果は2種類のみとなります。フルゴール・ハンディキャップのように、ボイドやプッシュは、チームが1/2のゴールで得点できないので排除されています。

別の例で、このハンディキャップを面白くするのに役立つ例をさらに掘り下げて見てみましょう。今回は、2014年のイギリスプレミアリーグでリバプールvsチェルシー戦です。対戦カード用ハンディキャップは-0.5/+0.5で設定されていました。

具体的には、リバプールはハーフゴール分不利な条件で始め、一方チェルシーはハーフゴール分有利な条件で始めるということです。下の表は、試合の結果によりあなたのベットに対して何が起きるか説明しています:

試合が引き分けで終了する場合

スコアライン リバプール -0.5 AH チェルシー +0.5 AH
0-0 負け 勝ち
1-1 負け 勝ち
2-2 負け 勝ち
3-3 負け 勝ち

リバプールが勝って試合が終了する場合

チェルシーが勝って試合が終了する場合 上の表に提示されたとおり、引き分けはこの状態から排除されているのであなたの賭けは勝ちか負けのどちらかになります。リバプールに-0.5AH、オッズ1.875で賭けるならば、利益を得るにはリバプールに勝ってもらう必要があります。リバプールが勝てない場合、賭け金を失うことになります。チェルシーの見地からすると、ブルーズに+0.5AH、オッズ2.025で賭けるということは、チェルシーが勝つか引き分けると賭けに勝つことになるということになります。なぜなら、チェルシーとリバプールの試合以外では、チェルシーは既にハーフゴールを決めているので賭けに勝つことになるからです。

クォーターゴール・アジア・ハンディキャップ

クォーターゴール・ハンディキャップが一番複雑だと思われていますが、ハーフとフルゴール・ハンディキャップを理解していれば、その両方からの性質に依るものなのでそれほど違いはありません。ハーフとフルゴールの収入増量分というよりもむしろ、このハンディキャップはクォーターの収入増量分で説明できます。負けそうなチームは、正のクォーターゴール・ヘッドスタート(+0.25、+0.75、+1.25、+1.75など)を受け、勝ちそうなチームは負のスタート(-0.25、-0.75、-1.25、-1.75など)を付与されます。チームがハーフゴールで勝てないかもしれないと思っている場合、どうしたらハーフゴールで勝ち星を上げられるでしょうか?ブックメーカーがどのようにクォーターゴールのハンディキャップを例に取るともっとはっきりするかもしれません。何人かのブックメーカーは私が上述で示した(+1.75など)ように書きますが、他のブックメーカーは+1.5、+2のような同じベットで書きます。2番目の方法からわかるように、右側のコンマに対する値は、フルゴール・ハンディキャップのように見える一方、左側コンマに対する値は、ハーフゴール・ハンディキャップのように見えます。したがって、クォーターゴール・ハンディキャップでは、あなたの賭け金が自動的に2つに分けられることになります(賭け金の半分は低い値(この場合+1.5)へ、残りの賭け金は高い値(この場合+2)へ行きます)。半分になった2つの賭け金は組み合わされる前に別々のベットとして賭けられ、1つのベットとしてまとめられます。例として、20ポンドを+1.75AHへ賭けると、10ポンドは+1.5AHへ残りの10ポンドは+2AHへ置かれます。選択するハンディキャップにより、賭け金に対して4種類の試合結果が考えられます。すなわち、勝てた場合(両ハーフの賭け金が勝ち)、負けた場合(両ハーフの賭け金が負け)、ハーフが勝ちで残りのハーフがボイドの場合(前者のハーフの賭け金が勝ちで後者のハーフの賭け金が払い戻し)、またはハーフが負けで残りのハーフがボイドの場合(前者のハーフの賭け金が負けで後者のハーフの賭け金が払い戻し)というふうになります。もう一度、より理解を深めるために別の例に着目してみましょう。今回は、欧州リーグのスペインの2チームであるバレンシアvsセビリアの対戦(2014年大会から)です。試合のハンディキャップは-0.25/+0.25に設定されていました。これが意味するところは、バレンシアがクォーターゴール分の不利な条件(または0にハーフの賭け金で残りのハーフの賭け金は-0.5へ)で開始し、一方セビリアはハーフゴール分有利な条件(または0にハーフの賭け金で残りのハーフの賭け金は+0.5へ)で開始します。下の表は、試合の結果次第であなたのベットに何が起きるかを暗示しています:

上の表で示すように、クォーターゴール・ハンディキャップは賭け金を2つに分けます。バレンシアの-0.25AHをオッズ1.875でベットしたとしたら、バレンシアが優勝した場合の両賭け金は当たりとなります。バレンシアが負けた場合の両賭け金は外れとなるか、または試合が引き分けで終了した場合は、ハーフの賭け金は外れとなり、残りのハーフの賭け金は払い戻し(0AH要素)になることになります。オッズ1.875で10ポンド賭けるとすると、ハーフの賭け金が払い戻されるので5ポンド返金されるということになります。+0.25AHをオッズ2.05のセビリアで見てみると、セビリアが勝った場合の賭け金の両ハーフは当たりとなり、セビリアが負けた場合の両ハーフの賭け金は外れとなる、また試合が引き分けで終了した場合は、ハーフの賭け金は当たりとなり残りのハーフの賭け金は払い戻し(0AH要素)になります。オッズ2.05で10ポンド賭けるとしますと、15.25ポンド[(5ポンドx2.05)+5ポンド(ハーフの賭け金)]支払われます。

なぜアジア・ハンディキャップを利用すべきなのか?

これまで私たちは色々なアジア・ハンディキャップの選択肢について理解してきました。それでは、どうしてそれらハンディキャップを利用すべきなのでしょうか?まず、前述のとおり、引き分けを排除するということは、33%(3つの可能性-勝ち、引き分け、負け)~55%(2つの可能性-勝ちか負け)までの公算を増やすので、当たるチャンスがより高くなります。これの意味するところは、勝ちそうなチームであろうと負けそうなチームであろうと、どちらのチームに賭けるかに拘わらず、ほぼ同額の賭け金のオッズを手に入れられることになるということです。このハンディキャップは、勝つ可能性がかなり高いチームに低いオッズで賭けるよりも、さらに大きなアピールポイントになるベットになります。さらに、アウトライト取引で利用できない、あるいはベティング・エクスチェンジに賭ける時に賭け金の払い戻しを持つ選択肢を付与される側の引き分けに賭けることも可能です。心理的な見地によると、ボイドやプッシュは時々勝った気分になるそうです。

多くの人は、従来の1x2アウトライト取引のような他のベットと比較した際、アジア・ハンディキャップ・ベティングの方が多くの勝ちの可能性があるのではないかと論じています。これは何故かというと、一般的に引き分けという選択肢が排除されたことによるアジア・ハンディキャップ取引と関連付けられた低いマージンによるものです。低いマージンで利用すると、あなたの考えたオッズやブックメーカーのオッズが互いに近くなるため、価値を見出す可能性が高くなるということのようです。

さらにアジア・ハンディキャップは、賭けたチームが負けたとしてもあなたのベットに勝てる可能性があるということです。これは著者の好きなベット方法の1つであり、負けそうなチームが善戦したものの勝てそうにもないと思われる時に顕著です。勝ちそうなチームが、時差ボケや疲労で苦しめられているような週の半ばでのチャンピオンリーグや、欧州リーグの試合の際に有効な戦略になる可能性があります。負けそうなチームが勝つというとても確率が低い読みであるため、賭けに勝とうとしている時には、負けそうなことが明らかなチームに賭けようとは思わないかもしれませんが、負けそうなチームが素晴らしいパフォーマンスを発揮する一方で勝ちそうなチームは体調が悪い可能性があるとということも考えられます。

また、著者はアジア・ハンディキャップ取引が従来の取引よりも若干高い価格で提供できていることを頻繁に目にします。したがって、勝ちの探求や可能な限り一番高い価格を見つけることにおいて、少しでも多くのボーナスの入手を確実にするには、アジア・ハンディキャップ取引をすぐにチェックすることが道理にかなっていると言えます。特に、従来の3つの取引には、アジア・ハンディキャップ取引の3つと全く同じものがあります。-0AHはDraw No Bet Market(試合が引き分けなら返金のオッズ)と同等で、+0.5 AHはDouble Chance(勝ちか負け)と同じで、-0.5 AHはTo win outright(優勝オッズ)と同等です。例として、ランダムに試合を選ぶとすると、レアル・マドリード vsバイエルン・ミュンヘンのチャンピオンリーグの第一試合が引き分けだとすると、本質的に同じ賭けでも少し違うように記述されている相互間オッズの変動を確認することが可能です: 上の表に示されたように、バイエルン・ミュンヘンがDraw No Bet(即ち、試合が引き分けだと返金)だと思っていても、従来のDraw No Bet取引よりもかえって0AHのアジア・ハンディキャップで賭けた場合の方が1ポンド毎に20ペンス多く手に入ることになります。

つまり、条件が全く同じで別のベットオプションを選択するだけで、あなたの賭け金が100ポンドだった場合、追加分の利益が20ポンドになるということです!同様に、逆の状況もまた然りになる可能性があります。バイエルンのTo outright winよりも、むしろバイエルン・ミュンヘンの-0.5AHで賭けたら、あなたのポケットマネーに影響を与えるほどの悪いオッズを受けることになるかもしれません。重要なポイントは、あなたが最高の価格を確実に手に入れるために、異なるブックメーカーからの価格を比較するだけでなく、異なるブックメーカーの同じベットも比較することです。次回からは、ブックメーカーにいる時やオンライン時にアジア・ハンディキャップの取引を注意して見てみて、この記事の情報や例などで準備しておきましょう。最初は困惑することもあるかもしれませんが、それを克服した時点でがっかりすることはなくなると思います。

スコアライン リバプール -0.5 AH チェルシー +0.5 AH
1点差で勝利(1-0, 2-1, 3-2) 勝ち 負け
2点差で勝利(2-0, 3-1, 4-2) 勝ち 負け
3点差で勝利(3-0, 4-1, 5-2) 勝ち 負け
4点差で勝利(4-0, 5-1, 6-2) 勝ち 負け
スコアライン リバプール -0.5 AH チェルシー +0.5 AH
1点差で勝利(1-0, 2-1, 3-2) 負け 勝ち
2点差で勝利(2-0, 3-1, 4-2) 負け 勝ち
3点差で勝利(3-0, 4-1, 5-2) 負け 勝ち
4点差で勝利(4-0, 5-1, 6-2) 負け 勝ち
スコアライン バレンシア -0.25 AH セビリア +0.25 AH
0-0 ½ 負け / ½ ボイド ½ 勝ち / ½ ボイド
1-Jan ½ 負け / ½ ボイド ½ 勝ち / ½ ボイド
2-Feb ½ 負け / ½ ボイド ½ 勝ち / ½ ボイド
3-Mar ½ 負け / ½ ボイド ½ 勝ち / ½ ボイド
スコアライン バレンシア -0.25 AH セビリア +0.25 AH
1点差で勝利(1-0, 2-1, 3-2) 勝ち 負け
2点差で勝利(2-0, 3-1, 4-2) 勝ち 負け
3点差で勝利(3-0, 4-1, 5-2) 勝ち 負け
4点差で勝利(4-0, 5-1, 6-2) 勝ち 負け
スコアライン バレンシア -0.25 AH セビリア +0.25 AH
1点差で勝利(1-0, 2-1, 3-2) 負け 勝ち
2点差で勝利(2-0, 3-1, 4-2) 負け 勝ち
3点差で勝利(3-0, 4-1, 5-2) 負け 勝ち
4点差で勝利(4-0, 5-1, 6-2) 負け 勝ち
アジア・ハンディキャップ・ベット アジア・ハンディキャップのオッズ 同等のベット 同等のオッズ
レアル・マドリード 0 AH 1.825 Draw No Bet 1.8
バイエルン・ミュンヘン 0 AH 2.1 Draw No Bet 1.9
レアル・マドリード +0.5 AH 1.45 Double Chance 1.42
バイエルン +0.5 AH 1.55 Double Chance 1.55
レアル・マドリード -0.5 AH 2.375 Outright Win 2.5
バイエルン -0.5 AH 2.675 Outright Win 2.87

日本語対応したベストベティングオッズで賭けを始めよう

アカウントの登録はとっても簡単!通常1〜3分で完了します。このサイト上にあるAsiabetがおすすめするサイトのバナーをクリックすれば直接アクセスが可能です。入金にはクレジットカード、銀行送金、他にもオンライン決済などが使えて非常に便利。アカウント登録と入金ができたらあとはお好きな賭け方でベッティングを楽しめます。ぜひアジアンハンディキャップにトライしてみてください!

よくある質問

試合中のハンデへの賭けは、賭ける前までのスコアを無視して賭けた時点を0-0とし、そこから試合終了までのスコアで的中、又は不的中を判定します。これはどこのブックメーカーでも共通したルールとなっています。

内容が理解できればそんなに難しいことはないアジアンハンディキャップ。 色々な賭け方で、初心者〜慣れた人まで自分好みに賭けて楽しめるのがその大きな醍醐味! 試合の内容も予想して、何点差で勝つか、負けるか予想してギリギリのハンデを選択すれば、的中した際の払戻しは大きくなります。

オルタナティブアジアンハンディキャップとは、ハンディキャップの幅を広げた賭けになります。 ホームのBに【+0.5】という数字がついているとします。 これは、試合開始時点で既にホームチームが+0.5点取っていると言うことになり、このままゴールが決まらなければ、【0.5 vs 0】でホームチームの勝ちになります。 【0.0,+0.5】のように2つの数字が入っている場合には、【2つ同時に賭ける】と言う意味になります。

ほとんどのブックメーカーでは携帯機器からのアクセスにも対応しています。詳しくは当サイトのリンク先から各サイトでの詳細をご覧ください。

Return to top