Entropay 日本

Entropayはアジアで最も幅広く使用されているオンライン決済方法の一つです。タイ、中国、インドネシア、マレーシア、インド、その他多くの国で人気があります。主なアジアで運営するギャンブルサイトだけでなく、アマゾンなどの膨大な数のオンライン・ショッピング業者も支援しています。主な利点はその機密性、簡単な入金、そしてATMや銀行振込での引き出しなどありますが、他にもたくさんの利点があります。

日本で最高のオンラインカジノ

Entropayは2003年lxaris System者が創設し、ユーザーにVISAを受け入れているところではどこでも即座に利用できる仮想VISAカードを提供しています。ユーザーは世界中どこでも個人用デビット/クレジットカードからこのVISAカードに資金を即座に供給でき、カードにロードされる金額のみ利用できます。借入履歴にかかわらず、誰にでも利用できる早くて簡単な決済オプションです。

Entropayについて

決済ベースの金融サービスの大手デベロッパーであるlxris Systems社は、2000年に誰もが自分の住んでいる地域や信用度にかかわらず利用できる電子決済サービスを必要としていると思いました。

Entropayは2003年に設立され、その当時、欧州で初めて仮想プリペイドカードを発行しました。それから何年にも渡り、lxris社は顧客やビジネスの両者に対してEntropay仮想カード・サービスを強化しました。

2010年、lxris社は、世界凡そ40ヵ国での銀行間振替に加え、物理的なPOSやATMの利用を視野に置いたプラスチック製カードを含む仮想プリペイドカード・サービスへ新しい決済タイプを追加しました。

Lxris社は英国の大手機関投資家によって設立された株式非公開の企業です。技術部署は本部のあるロンドンに、運営部署はマルタにあります。

仕組みは?

Entropayは(他のVISAデビットカードと同じように機能するEntropayプリペイド仮想VISAカードを使用して)VISAを受け入れるところはどこでも、安全な決済方法をユーザーに提供するオンライン口座です。

Entropayは世界中の何百万店舗とあるお店でお金の振り込みや商品代金の支払いを行える早くて簡単な方法をユーザーに提供しています。新規顧客に対する信用度調査はありませんので、信用度にかかわらず誰もがこの決済サービスを利用することができます。プレペイドカードというのは、ユーザーがカードに入金した金額だけ利用できるということです。

Entropay仮想VISAカードのユーザーは、クレジットカードとユーザーの仮想カード間のリンクだけが資金源だという事実として詐欺から保護されます。クレジットカードはお金を仮想カードへ追加する時のみ使用される一方、仮想カードはカードへロードされた金額以上のお金を利用できません。

確認プロセス

Entropayは初めての顧客がプリペイドカードを入手して資金をロードする前の確認作業が必要ない為、早い登録プロセスを提供できます。

Entropayアカウントの申請は、単純にEntropayサイトへ行き登録をクリックします。すると登録フォームが表示されるので、インストラクションに従って入力し、プリペイド仮想VISAカードに署名する際、Entropayはあなたのお名前、Eメール、誕生日、居住国などの詳細を求めます。

尚且つ、お使いのPCや将来的にはモバイル機器からEntropayアカウントへアクセスするためのユーザー名やパスワードを生成するようEntropayが求めてきます。ユーザー名およびパスワードは共に最低6文字以上の長さでなければならず、両方とも数字と文字を組み合わせなければなりません。

個人情報を提示した後、次にお金をEntropay仮想VISAカードへ追加するために使用したいクレジット/デビットカードの情報を尋ねてきます – 銀行振込からでも資金を追加できまます。資金供給方法を一度選択したら、次にお持ちの仮想VISAカードへいくら入金するか選択します。その後、仮想カードは即日発行され、画面にあなた専用のカード番号、有効期限、セキュリティ番号が表示されます。

アカウント登録はいたって簡単で、登録を始めてから数分しか掛からず資金を供給するプリペイドVISAカードが入手できすぐ使用できます。

しかし、ある特定の状況では、いくつかの確認資料が必要とされる場合があります。Entropayは不審な行動があるアカウントを監視し、予測される不正行為が見つけられた場合、特定のアカウント機能を一時的にブロックする場合があります。これが起きる場合、自分のアカウントを再度有効化するために、個人確認証明書および財務確認書類を送る必要があるでしょう。

アカウントへの資金供給方法

Entropay仮想VISAカードは電子的に配送され、確認プロセスが完了した後、ユーザーは有効期限がある16桁のカード番号と3桁のセキュリティ番号を割り当てられます(物理的なVISAデビットカードと同じ)。お持ちのクレジット/デビットカードからEntropay VISAカードへ直接資金を入金できますし、さらに銀行振込でプリペイドカードへ資金を追加する選択もできます。

唯一、一度だけ資金源を登録する必要があり、すべての大手クレジット/デビットカードをサポートしています。アカウント所有者、自分のEntropayアカウントに登録する資金源を1個以上持つことができます。

クレジット/デビットカードを使ってお持ちのEntropay仮想カードに資金をロードする時はいつでも、残高は即座に調整されます。しかし、銀行振込は処理を完了するまでに最大7日(土・日を除く)掛かる場合があります。

個人用途のクレジット/デビットカードから仮想カードへロードするには、4.95%の手数料が取られます。アカウントへ銀行振込で資金を供給する場合は、Entropay仮想カードへロードされる金額につき3.95%の手数料が取られます。

引き出し/振込方法

お持ちのEntropayアカウントからの資金をVISAまたはMasterCardへ戻すのはそれほど簡単な工程ではありません。資金を引き出すには、ご自分のアカウントにあるヘルプ・センターからEメールを送信することで引き出し請求を送信しなければなりません。この請求は、ユーザーのEntropayユーザー名とユーザーが資金を供給する先のクレジット/デビットカードの下4桁を記述する必要があり、払い戻し手数料を支払うことに同意するという文言を記述しなければなりません。

お持ちのプリペイドカードから個人のクレジット/デビットカードへお金を引き出したい場合、その手数料は6米ドル/3ポンドが加算されます。引き出し金額に最低額はありません;しかし、資金は手数料を賄うだけの金額でなければなりません。

Entropayは、元々資金を最初の通貨で入出金したクレジット/デビットカードへのみ引き出し処理をします。同社は最近12ヵ月以内に入金された金額だけしか払い戻ししませんし、更新されていないカードからロードされた金額までしか払い戻ししません。

もしユーザーがもっと大きな金額を引き出したい場合、銀行振込サービスですと上限がありません。銀行仏込からですと引き出される金額につき手数料が掛かりますし、最大7日(土・日を除く)処理に時間がかかる可能性があります。銀行口座へ資金を振り込むには、ユーザーはアカウント登録時に入力した口座情報を確かめる必要があります。追加されたことがあれば、ユーザーアカウントの「資金振込」にてたった3ステップで実行されるでしょう。

お店から行われる支払いの振り込みは、お店が処理を行ったら直ぐお持ちのEntropayアカウントから利用できます;しかし、お店からお金をEntropayカードで受け取るには、1.95%の手数料が発生します。

通貨換算

Entropayでは幅広い様々な通貨を利用でき、現在の外国為替相場(8時間毎に更新)をベースにした内蔵ダイナミック通貨換算から競争力のある為替レートをユーザーに提供しています。VISAおよびMasterCardは現在のところ14ヵ国しかダイナミック通貨換算を提供していませんが、将来的に他の通貨も利用できる予定でダイナミック通貨換算ツールをEntropayユーザーに提供されます。

ダイナミック通貨換算を使用しますと、ユーザーは、Entropayに資金供給を完了する前に、自分の選択した通貨で資金源へ請求される正確な合計額がわかります。ユーザーのアカウントのトランザクション履歴は、ダイナミック通貨換算を使用して、仮想カードへ2種類の通貨(Entropayアカウントで使用される通貨と資金源として選択される通貨)をトランザクションした入金額を表示します。

購入時の通貨交換手数料は、2%で設定されています。

EntropayプリペイドMasterCard(プラスチック製)

Entropayはさらにプラスチック製のMasterCard(チップとPINコード備える物理的なプリペイドカード)も提供しています。この物理的なカードはEntropayアカウントを利用してリロードができ、世界中のオンライン決済処理・POSでの購入・ATMでの引き出しで利用できます。

既存のEntropayユーザーもプラスチック製MasterCardを申請でき、承認を受けてから、Entropay仮想カードの資金から申請費用を引かれて支払われます。申請が正常に行われると、物理カードとあなた専用のPINコードが3~4日(土・日を除く)で郵便にて送付されてきます。カードとPINコードの配送費用は9.99米ドル/4.99ポンド/7.49ユーロです。

カード所有者が居住する場所とプラスチック製カードが配送できる場所について制限があります。Entropayは以下の国へカードを配送することができません:スーダン、朝鮮民主主義人民共和国、ベラルーシ、イスラエル、キューバ、イラク、イラン・イスラム共和国、ミャンマー、トルクメニスタン、トルコ、リベリア、コートジボアール、ナイジェリア、サントメ・プリンシペ、シリア・アラブ共和国、パキスタン、コンゴ、ジンバブエ、ウズベキスタン、ハイチ、とコンゴ民主共和国。

ユーザーはEntropay仮想VISAカードから移すことで資金をEntropayプラスチック製カードに資金をロードする、若しくは資金を個人のクレジット/デビットカードから直接ロードすることで供給します。最低入金額は20米ドル/10ポンド/15ユーロで、最大入金額は1,500米ドル/2,500ポンド/3750ユーロです。Entropay仮想カードからプラスチック製カードへ資金を移す費用は、0.20米ドル/0.10ポンド/0.15ユーロ請求されます。

プラスチック製カードを使ったPOSおよびオンライン決済は手数料無料ですが、ATMでお金の引き出す場合には2.49米ドル/1.25ポンド/1.99ユーロの手数料がかかります。ATMでの為替交換費用は2%に設定されています。

私たちのおすすめカジノ
Betway

無料ベットで最大$ 30

75% のユーザーがこのボーナスを請求しました

セキュリティ

Entropayは高い評価を得ており、英国金融サービス機構が許認可を受けた公認金融サービス企業です。結果として、非常に安全性が高いので安心して利用でき、セキュリティに関して非常に真剣に受け止めています。保護されたネットワーク内で最新のファイアウォールがアカウントへのログイン、個人情報やすべてのトランザクションを守っています。

Entropay仮想VISAカードは、同社の要求が軍レベルのセキュリティを提供する暗号化器材を使用して生成されています。あらゆる個人情報は管理者アカウントのみ利用され、そしてユーザーが選んだユーザー名とパスワードは同社の従業員でさえも見ることはできません。最も重要な個人情報レベルおよびデータの安全性を保証するために、各アカウントのデータは他のアカウントデータと完全に切り離されています。

当然、Entropayは非常に真摯にセキュリティに関して考えており、定期的に疑わしい行動のサインを示すアカウントを監視しています。さらに同社は、オンラインでの決済をさらにもっと安全にするために、VeriSign(世界的な大手証明機関)、3Dセキュリティ、VISAとMasterCardが開発した新技術規格などのユーザーを保護するテクノロジーにも投資しています。

サポート

Entropayは様々な販路からサポートを提供しています。同社はヘルプデスクへの問い合わせ、そしてお問い合わせが処理されている間も個人情報および財務情報を保証する最適な方法として「強く推奨」する安全なメッセージ・サービス(ユーザーアカウントから使用)を提供しています。ご自分のアカウントへログインすると、ヘルプデスクから安全なEメールを送信できます。ユーザーが同社から問い合わせの回答を得るたには、「ヘルプデスク・チケット」を作って安全なメッセージを送信できます。

郵便番号の住所もコミュニケーションを図るのに提供されており、FAQセクションでは千差万別なヘルプトピックに関する様々な情報が載っているウェブサイトで頻繁に参照するよう奨励されています。

アカウント所有者がEntropayに問い合わせるどんなことでも、Entropayのカスタマーサービスの担当者は24時間以内に問い合せの回答をすると言っています。

カスタマーサポートへ電話での連絡は取れませんが、利用できるオンライン・ツールはこの不足を補うのに十分だと思われます。ユーザーが自分のアカウントを管理したり、カードの紛失または盗難の情報を伝えることで詐欺を未然に防いだり、PINコードを忘れたりした時に助けになるウェブサイト上には大規模な技術サポート部署があります。

しかし、Entropayはサポートにオンライン・ライブ・チャット機能を提供していません。

この規模の同社にとってデメリットであり、カスタマーサポートは簡単な問い合わせに直ぐ回答できないということです。ライブ・サポートに代わって、質問フィールドに入力することで簡単な回答を得るためのお問い合わせボックスがあります。残念ながら、私は何回か試してみましたが、私の問い合わせを理解できず、関連性のない回答を提供され、ただ私を他の関連の無いヘルプトピックへ案内されました。

総論

Entropayは、世界中で幅広く使用されている通貨を簡単で速く安全に振り込める手段を提供しています。個人の信用度は酌量する要因ではないということとあいまって、簡単で速い登録処理は誰にとっても魅力的なサービスにしています。その上、プリペイドカードがあり、ユーザーは借り入れることができないという純然たる事実は、お金を無駄使いし借り入れに利子が付くのを管理する簡単な方法を探している人にとってアピールポイントになります。

Entropayとって最大のマイナス面は、ユーザーがお金を自分のアカウントへ入金したり、お金を引き出したりする時の手数料が請求されることです。カードへ資金をロードする際の4.95%という手数料はかなり高いと考えられますし、その時他の通貨で残高を使用すると、外国為替交換手数料として2%加算され請求されます。ベティング・サイトのアカウントを設定する場合、お持ちのEntropayアカウントと同じ通貨にするようお勧めします。

今まで話してきたことを踏まえると、内蔵通貨コンバーターは英国のポンド、アメリカの米ドル、または欧州のユーロ以外の通貨の管理を希望するユーザーにとって非常に利便性があると言わざるをえません。

Related Articles

Japanese DafaBet
Dafabet
Read more
Japane Online Poker
日本のホールデム・ポーカー
日本のホールデム・ポーカー 日本では、花札形式のカードを使ったトランプゲームを伝統的に遊んできました。私達の国には合法カジノがないという事実に相まって、これにより、No Limit(ノーリミット)ホールデム(NLHE)というゲームが流行したことが最近までなかったということを意味していました。現在、東京のクラブやアミュ...
Read more
Japan Casino
日本向けオンラインカジノ
2019年版 日本向けオンラインカジノ 安全で信頼のおける日本向けの大手オンラインカジノサイトを紹介しています。オンラインカジノのプレイ方法、入金方法などを詳しく解説し、オンラインカジノサイト選びを日本語でサポートします。 日本向け大手オンラインカジノサイトを紹介 日本語対応で簡単アクセス ...
Read more
Japan Sports Betting
日本でのスポーツ・ベッティング
日本でのスポーツ・ベッティング 日本では、国内スポーツにのみ、通信を介さず合法的にお金を賭けることができます。サッカー・ベッティングは、Jリーグサッカーくじ(サッカーTOTOとも呼ばれる)を用いたパリミューチュエル方式で利用できます。 上述に加え、パリミューチュエル方式で行われる4種類の合法スポーツに賭けることがで...
Read more